【海外では販売が禁止されている】ヘルシア=とても危険 健康を意識している人は絶対飲まないその理由

warotter(ワロッター)

4901301154019_1130_1

最近脂肪燃焼で話題になっているヘルシアであるが健康に悪い事実をご存知だろうか?
企業の宣伝文句で一見良さそうなものに見えるが、
海外では禁止とまでされている様々な毒性の添加物が含まれている。

そして、動物実験で確認されたカテキン1日許容摂取量をヘルシアは超えている!!

調べたところ、カナダで肝臓移植が必要なほど深刻な症状を起こした茶カテキンと、花王のヘルシアに添加されている茶カテキンとは、どちらも同じ物であることが分かった。

 

人工甘味料「アスパルファムK」

hel

アステルパームは過去、生物化学兵器の候補としてあげられており、健康被害が指摘されながらも、開発企業と癒着したラムズフェルドにより承認されているものです。

アスパルテームは以下の病気を引き起こす、あるいは似たような症状の原因を誘発する。

•慢性疲労症候群
•Epstein-Barr (ヘルペスウイルス)
•ポリオ後症候群
•ライム病
•バセドウ病
•メニエール病
•アルツハイマー
•ALS
•てんかん
•多発性 硬化症 (MS)
•EMS
•甲状腺機能不全
•アマルガムの詰め物による、水銀過敏症
•線維筋痛症
•狼瘡(ろうそう):皮膚結核の一種
•非ホジキンリンパ腫
•注意欠陥障害

ヘルシアコーヒー、カフェインのリスク

カフェインの軽微な副作用は、
不眠→不穏・興奮→嘔吐→骨格筋緊張の順で起こります。

 

★堅実に痩せたいのであればまずは確実に太るもととなるお菓子などを抜き適度に運動&食事をすることからはじめてみるのいいでしょう。

 

出典:ヘルシア=添加物でとても危険

warotterオープンキャンペーン!

line-stamp
warotter(ワロッター)のLINEを友達に追加して頂いた方抽選で5名様に
今話題の【返事をくれない彼氏を追い込むスタンプ】を無料でプレゼント!

【応募方法】
1、「いいね」をクリック

 
2、「LINEスタンプ無料プレゼントに応募する」をクリックしてwarotterを友達に追加♪
 
3、「スタンプ応募!」とメッセージ!

line-cam
※抽選、最新ニュースのお知らせ以外には一切利用しませんので、ご安心ください。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます