あなたはどっち?肩こりにもタイプがあることが判明!!対処法をご紹介します。

warotter(ワロッター)

028-1

 

肩こりがつらくて、頻繁にマッサージ屋さんに行くけど、すぐにまたガチガチの肩にもどってしまい、また行くことに……
なんて経験ありますよね。肩こりを放置しておくと肩の痛みだけでなく、頭や首、背中や腰にまで痛みが広がってしまいます。
そして、体だけでなく、肌荒れや目の疲れにも影響してきます。

ストレスタイプ

もうひとつは、ストレスによって気の巡りが悪くなって滞ることが原因で、肩こりを引き起こすタイプです。肩がパンパンに張っているこり肩さんに多く見られます。
日々、イライラして怒りっぽい、ゲップが多い、血圧が高いといった悩みがあるのも特徴です。このタイプは、自律神経をつかさどる臓器“肝”の働きをよくして気を巡らせ、肩の張りをやわらげましょう。

血巡り不良タイプ

血の巡りが悪いことで筋肉が硬くなり、強い肩こりを引き起こします。長時間のデスクワークで同じ姿勢を続けている人や、パソコンでの作業が多い人がなりやすいタイプです。
押すとごりごりしたしこりがあって痛みがある。シミやソバカスの悩み、頭痛や関節痛といった悩みがあるのも特徴です。血液をサラサラにして、血の巡りをよくすることで肩こりを解消してあげましょう。

肩こりにはくず湯が効く!

実は、この2つのタイプの肩こりに効く効果的な食材があります。それは“くず湯”です。くずには、筋肉の緊張をゆるめてくれる効果があり、肩だけでなく首のこりにも効果抜群です。
オフィスワークで肩がこる、なんだか最近イライラするという人は、くず湯を飲んで肩のこりと心のこりをほぐしてあげましょう。

 

是非、試してみましょう!

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます