相手に深いな思いさせてない?恋愛や出世を阻む「口臭」の原因7つ

warotter(ワロッター)

photo

どんなにいい人でも、どんなに愛していても、他人の口臭は耐えがたいもの。

「ちゃんと歯磨きしてるのに、なぜ?」と、口臭の原因が何かわからずに悩んでいる人も多いはず。

正しい歯の手入れをしていない

口臭の原因の9割近くは、“歯の手入れの仕方が悪い”ことから来ています。口の中に残った食べ物に発生するバクテリアが臭いの原因。口の中は湿っていて温かく、バクテリアの温床となりますので、歯磨きだけで終わらせるのではなく、歯間を清潔に保つフロスやバクテリアを退治するマウスウォッシュをお忘れなく。

水分の摂取が足りない

意外なことに、水分補給が足りないことも口臭に繋がる原因となっています。水分が足りないと、バクテリアを洗い流す役割を果たす唾液が十分に分泌されません。そして唾液が枯れ始めると、口中の細胞が死に、臭いを放ち始めるとか。1日グラスに6~8杯の水、または口臭の原因となる物質を破壊するといわれる緑茶を飲みましょう。

アレルギー

アレルギーが原因で鼻呼吸ができない人は、口呼吸をすることで口中が乾燥します。鼻が詰まっていると、自分で臭いがしないためさらに口臭に気づくことが困難に!アレルギーがある場合は、鼻や喉の詰まりを解消する治療を受けましょう。そして、水分を十分に摂ることもお忘れなく。

間違った食品の摂り過ぎ

にんにくたっぷりのイタリアンやキムチを食べれば、誰だって口臭がひどくなります。でも、乳製品が鼻づまりの原因となり、口臭に繋がることをご存知でしたか? また、パンやパスタなどの糖分が高い炭水化物も、口中のバクテリア発生に繋がります。口臭を防ぎたい場合は、繊維質を多く摂ることを心がけて。

鼻炎、または扁桃腺炎

鼻炎や扁桃腺炎を患っていると、腫れた患部から強い臭いが発生することがあります。それが他人には口臭と感じられることも。お医者さんに専用の薬を出してもらうのが正解ですが、そうならない前に、「ちょっと喉(鼻)がおかしいな」と思ったら、先人の知恵を利用した “塩水でのうがい”をおススメ。塩で悪いバクテリアを退治したら、次はヨーグルトなどでよいバクテリアの補給を。

胃酸過多

胸焼けでゲップをするたびに、胃酸の臭いが口の中に溢れた、という経験がある人も多いはず。胃酸は胸焼けの原因となるだけでなく、なんと鼻や耳まで上がってくることもあるそうです。胃酸過多の原因となる食品の代表であるアルコール、オレンジなど酸の強い果物、シナモン、チョコレートの摂り過ぎには十分注意しましょう。

ガンなどの重病

特にひどい口臭がある場合、それがガンなどの危険信号である場合も否定できません。特に、“酸っぱいチーズ”のような口臭がある場合は要注意です。

 

もし歯の手入れをしても口臭が改善せず気になる場合は、食べ物や飲物などの生活習慣や、他の原因をチェックしてみましょう。

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます