大阪地震は南海トラフ巨大地震の前兆か? 発生の法則と前兆現象、タイミングを検証!

warotter(ワロッター)

OsakaEarthquake_1

今月18日の朝7時58分ごろ、大阪府北部を震源とするM6.1、最大震度6弱の地震が発生した。大阪では1923年の観測開始以来最大の地震となり、死者や数百人の負傷者などの被害も報告されているが、実はこの地震に先立ち、前兆と思しき現象が多数起きていたことが判明している。しかも今後、南海トラフ巨大地震が続く可能性もあるようだ。

OsakaEarthquake_1.jpg
画像は「CBS NEWS」より引用

■大阪で観測史上最大の地震、その詳細

大阪平野と六甲山地の境界部には、東西に延びる「有馬―高槻断層帯」という活断層帯が走っているが、今回の地震はその東端付近で起きたものだ。気象庁によると、活断層帯が動いたことによる地震であるかどうか、今後の検討が必要だという。なお、政府の地震調査研究推進本部は、この断層帯でM7.5程度の地震が発生する確率について、今後30年で「ほぼ0~0.03%」と見積もっていた。

なお、同地域では1596年9月5日に慶長伏見地震(推定M7.2前後)が発生しているが、当時は京都や堺で千人以上が命を落としたと考えられている。気象庁は、今後2~3日間に同規模の地震が発生する可能性を1~2割と割り出し、警戒を呼びかけている。この地震は、エネルギーとしては1995年の阪神・淡路大震災の時の60分の1程だったが、震源の深さが13kmと浅かったために、大きな揺れとなった。
■これだけの前兆現象が起きていた!

【空の異変】

では、今回の地震の前兆と思しき数々の現象について、1つずつ解説していこう。まずは空の異変。ここ数日、関西各地で「彩雲」が目撃・撮影されていた。これは、雲が太陽の近くを通過した際、赤や緑が混ざった鮮やかな色になる現象だが、地震前日にツイッターやブログに写真が投稿されていた。たとえば下記は、17日に滋賀県の人が撮影した写真だ。

東京に住む筆者の知り合いも、やはり前日に西の方角に出た彩雲を撮影している。気象学的には、ありふれた現象として片付けられ、地震との関係を否定する識者も多いが、大地震の前にまるで図ったように現れるケースが多いのだ。やはり、地震の前兆現象である可能性を捨て切るべきではない。

OsakaEarthquake_2.jpg
画像は「CBS NEWS」より引用

【動物たちも異常行動】

次は、動物たちの異常行動。関西に暮らす筆者の知り合いによると、18日の朝7時頃から飼い猫がニャアニャアと鳴いて家中を走り回っており、ハイテンションぶりに困惑していたという。

同じく兵庫県に暮らす知り合いによると、地震当日の朝、いつもはゴミ集積所の周囲でギャギャーと鳴いているカラスとムクドリが静かにしていたという。そして、地震発生から2時間ほどが過ぎると、いつものように鳴き始め、賑やかになったそうだ。

OsakaEarthquake_5.jpg
画像提供:百瀬直也

また、6月上旬以降、瀬戸内海でイルカの群れの目撃が相次いでいたことも見逃せない。3日に瀬戸内市牛窓町地区の砂浜で、6日には岡山県玉野市の瀬戸内海に浮かぶ石島(いしま)で、10日にも兵庫県明石市沖の明石海峡で、イルカの群れが目撃されていたのだ。
空や海の異変と動物たちの異常行動だけではない。今回の地震は何カ月も前から発生が危惧されていたことをお伝えしなければならない。
■月の引力も影響か!?

まず注目すべきは“月の位相”だ。実は今月14日は新月であり、月が地球に接近する“スーパームーン”だった。しかも、今後2カ月以内に部分月食を伴うスーパームーンが2回(7月13日と8月11日)続くというタイミングである。14日以降、16日に千葉県南部(M4.5)、17日に群馬県南部(M4.6)、そして18日の大阪府南部と大きな地震が続いているが、月の引力が影響していた可能性は否定できないだろう。

OsakaEarthquake_3.jpg
画像は「CBS NEWS」より引用

■台湾地震、「ラニーニャ現象」終息、キラウエア火山噴火……!

さらに今年は、2月6日に台湾で花蓮地震(M6.4)が発生している。台湾で大地震が発生すると、その後1年のうちに西日本で大きな地震が発生することが多いという法則が判明している

加えて、太平洋東部の赤道域で海面水温が低くなる「ラニーニャ現象」が、この春に終息したと考えられているが、実は過去ラニーニャ現象の終息直後に日本を大地震が襲った事例が多数存在している

そして5月3日にハワイのキラウエア火山が噴火したが、この火山が噴火した後も、やはり日本で大地震や火山噴火が起きやすいことが判明しているのだ。
■南海トラフ巨大地震の前兆か!?

さて、今回は西日本の大地震ということで、これが日本に破滅的被害をもたらすとされる南海トラフ巨大地震につながる事態を恐れている読者も多いのではないだろうか? その点に触れることなく記事を終えるわけにはいかない。

気象庁の見解によると、今回の地震と南海トラフ巨大地震との関係は、今のところは考えられないという。だが、本当にそうだろうか? もはや「いつ発生してもおかしくない」とされる南海トラフ巨大地震だが、その前兆として西日本の内陸で大地震が起きるということを複数の地震学者が指摘しているのだ。

OsakaEarthquake_4.jpg
画像は「ANNnewsCH」より引用

過去の記事で紹介しているように、島村英紀・武蔵野学院大学特任教授は、過去の南海トラフ地震では、発生の数十年前から西日本の内陸部で大きな地震が起きていたと語る。しかも、1995年に発生した阪神淡路大震災もその一つだったとすれば、「そろそろ南海トラフ地震…」(『週刊女性』、6月24日号)と、含みをもたせている。

そして、これまで何度もお伝えしてきたことだが、過去の南海トラフ巨大地震はすべて「7月~12月」と、「黒潮の直進期(非大蛇行期)」に発生したという“法則”まで発見されている。今年7月から12月の間に、現在続行中の大蛇行が終了すれば、それこそ南海トラフ巨大地震発生の条件がほぼ“完璧と言えるほど”整うことになる。
今年の年初、筆者は日本列島を取り巻くあらゆる状況を踏まえたうえで2018年は大地震や火山噴火が多発する年になると警告したが、すべてが現実になりつつある。信じるか信じないかは読者に任せるしかないが、南海トラフ巨大地震をはじめとする日本を滅ぼしかねない大災害が“もうすぐ起こる”と考え、日々備えと警戒を怠ることなく、覚悟を決めて生活する姿勢こそが、いざという時にあなた自身とあなたの大切な人の命を救うことにつながるのだ。ここで改めて強調しておきたい。
百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。Webサイト/ブログ:『探求三昧』『神秘三昧』『防災三昧』、Twitter:@noya_momose
参考:「地震調査研究推進本部」、ほか

引用元:トカナ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます