フィギュアスケートの最中に捉えた酷過ぎる10枚の写真。9枚目はヤバすぎて公開禁止レベル。(画像あり)

warotter(ワロッター)

eye

氷上の芸術とも呼ばれるフィギュアスケート。男子代表の羽生結弦選手がソチ冬季オリンピックに続いて66年ぶりの2連覇を果たす偉業を達成し、安倍首相が祝福の電話をかけるなど話題となっています。 華麗なイメージをもつ方が多いフィギュアスケートですが、その運動量は並大抵ではありません。中でも見せ場であるジャンプやスピンでは、遠心力によって選手の顔が通常では考えられない形に変形してしまいます。

今日皆さんにご紹介するのは、そんな写真に収めてはいけない瞬間を捉えた写真10枚です。それではどうぞご覧ください。

1. カワイイ真央ちゃんのお顔が…

Imgur

2. その視線が見つめる先にあるもの

Imgur

3. 何か怖いものでも見た様な顔

Imgur

4. 必死度では誰にも負けません

Imgur

5. もう原型をとどめていません

Imgur

6. ムンクの叫びにも見える顔

Imgur

7. こちらは何か酸っぱい物を召し上がった後の様な顔

Imgur

8. まるでオペラ歌手です

Imgur

9. もう意識があるのかどうかすら分かりません

Imgur

10. 転倒直前でしょうか、「あぁしまった」という表情

Imgur

いかがでしたか。どの選手もあくまでも真剣に演技をしているのですが、その顔を見ると思わず吹いてしまいます。少なくともこれらの写真は高速カメラを駆使して捉えた写真ですので、演技中に選手の顔を見て吹いてしまうという事はこれからもないでしょう。

引用元:イミシン

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます