2大会連続金メダルの羽生結弦選手が、インタビューで言った些細な一言に彼の人間性を見た!

warotter(ワロッター)

w700c-ez_786b6f46e235417dacd45637b6b7966f851f62450d35be6d

フィギュアスケート男子二大会連覇を66年ぶりにもたらした羽生選手。

201711月にNHK杯の練習で右足首靱帯を負傷。4カ月のブランクを経た今大会は、決して万全のコンディションとはいえませんでした。それでもケガを乗り越えて、見事に演じ切り、演技後には思わず右足に手が伸びて撫でていました。「右足に感謝しかないです」と語る羽生選手に、心から感動をおぼえました。

そんな羽生選手が、もう一つ、ささいな言葉で日本人の心をゆさぶる出来事がありました。

男子フリー後のインタビューを受けた際、羽生選手はカメラの前で手荷物を下ろそうとしましたが、ふと思い出したように「国旗。国旗だけ誰か、下に置くことはできないので」とつぶやきました。そして、国旗をスタッフに手渡してから、インタビューを応じました。

ほんの一言ではありますが、羽生選手の人柄が現れた瞬間でした。

このわずかな瞬間に人柄が出る羽生結弦選手。
インタビューを受ける際、手荷物を下ろそうとして、「国旗、国旗だけ誰か、下に置くことはできないので。」と国旗に敬意を払う姿が今でも印象に残っています。見習うべき姿。
東京オリンピックを機に国、国旗、国歌を愛する普通の国になりたいですね。 pic.twitter.com/tkR6OypBTX

 

Twitterでの反応は・・?

彼は決して驕ることなく謙虚な姿勢に好感が持てます‼️🤗🤗🤗まさに日本🇯🇵を代表するプレーヤーですわ❗️ファンが多いのも頷けるわ👍👍👍❗️ねぇ、白鵬はん❓

羽生結弦はわざわざ声に出している。無言でもイイのに、声に出した。彼は見てる人に何かを伝えたかったんだと思う。私の感想に過ぎないが、私はそう思った。

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見る

羽生結弦選手は、国旗に対する敬意が半端ないですよね。
今日は、肩に国旗を掛ける前に、国旗に対しても一礼して「ありがとうございます」と言ってる風に見えましたよ。最後は丁寧に半分に折りたたんでいました。🇯🇵

国内でどんなに反日教育を強いても、海外を渡り歩くアスリートほど愛国心と国の誇りを、海外のアスリートから学ぶのでしょう。北海道のどこぞの市長は市長室の国旗が目障りだと片付けさせたそうですが、羽生選手の爪の垢を煎じて飲ませたいですね。

この謙虚な姿勢が私たちを魅了する一つなのかもしれませんね・・

 

 

 

【引用元】

https://twitter.com/surumegesogeso/

引用元:四葉のCLOVER

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます