■超簡単■誰でも確実にできる肌の角栓・角質を除去するたった1つの方法

warotter(ワロッター)

bihada

肌のザラザラ、ガサガサ・・・気になりますよね。ピーリングやパックなどで無理に取り除こうとすると、かえって肌トラブルにつながることも。

そもそも角質と角栓ってどう違うの?というところから理解することで、肌にやさしい除去の方法を知ることにつながります。気になる角質・角栓を超簡単に除去するたった1つの方法で、あなたもすっきりしませんか?

★角質と角栓の違い

簡単に言ってしまえば、角栓は角質と皮脂が混じり合い毛穴に詰まってしまった栓のこと。お肌にとっては無用の長物。

一方、角質はホコリや汚れなどから肌を守る大切なバリアの働きをしています。肌は常に生まれ変わっていて、角質も役目を終えると自然と剥がれ落ちます。ところが、未熟な角質は自然と剥がれ落ちる力がないため、いつまでも肌にとどまってしまうわけです。

角栓は、こうした未熟な角質たちが皮脂や化粧品などの油分と混じり合い、剥がれ落ちずに毛穴を塞いで詰まらせてしまうのです。

★ピーリングやパックは危険?!

角栓は除去する方法を間違えると、炎症を起こしたり毛穴が開きっぱなしになってしまったりと肌トラブルに。でも、間違っても毛抜きやピンセットで引っ張ったり爪で押し出すのは厳禁!

剥がすタイプの毛穴パックは、角栓がペロリと取れるためある種の快感がありますよね。ピーリングは角質が取れるだけでなく、肌が1トーン明るくなるため定期的に行っている人もおおいはず。

でも、どちらもほどほどが大切ですし、特に毛穴パックなどで無理やり剥がす方法は、毛穴の開きグセをつけているようなもの。しかも、毛穴は開いてしまうと戻りにくいという定説も。ピーリングもやりすぎると剥がれ落ちる前の角質まで無理やり除去することで、かえって未熟な角質を作り出してしまいます。

★角質・角栓除去のポイント

肌を傷めない角栓除去のポイントは2つ

・自然と毛穴を開かせてあげること

・除去後に保湿を十分にしてあげること

★超簡単!角質・角栓をやさしく除去する入浴法

角栓ケアの下準備は毛穴を自然と開かせてあげること。この除去法は入浴時に行うことで、全身が温まり肌もやわらかい状態になります。

①できれば半身浴でじっくりと汗をかきましょう!

②肌がやわらかくなったら、指で顔をやさしく触ってみてください。

③ザラザラとしている部分があれば、指の腹を使ってそっとこすります。

④ポロポロとアカのようなものが出てきたら、それが角栓です。

⑤お風呂から出たら、油分や添加物などをなるべく含まない化粧水でたっぷり水分を与えてあげれば角栓ケアの完了!

★お風呂に入れないときのケア

お風呂に入れないときは、イオンスチームがあればそれでもOK!ない方は、お鍋にたっぷりのお湯を沸かし、そのスチームで毛穴を開かせましょう。

①沸騰したお鍋をテーブルなどに移動します。

②頭からバスタオルをかけてお鍋ごと包み込むようにし、スチームを逃さないようにして10分間ほど顔にあてます。

③肌がやわらかくなったら入浴法と同じく、指の腹を使ってそっとやさしくこすってあげましょう。

 

いかがでしたか??

たったこれだけの簡単ケアで不要な角栓を除去。でも、一番大切なのは肌を健康に保つこと。健やかに育った角質なら自然と剥がれ落ちるもの。

未熟な角質を作らないためには、食生活や睡眠、ストレス、運動など角栓ケアと併せて日常生活を見直してみましょう!

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます