飛行機内で「足が痛いから席を譲って」と見知らぬ女性。断ると、あろうことか逆ギレされた!

warotter(ワロッター)

airport_b_017

もし、新幹線や特急の指定席で「席を譲って」と言われたら、あなたはどうするだろうか? 困っている人は助けたい。しかし、一般の電車やバスとは違い、これらは “お金を払って座る権利を買った座席” だ。譲るか譲らないか、意見が分かれるところだろう。

先日、ある元アイドルが飛行機で「席を譲って」と言われたそうだ。彼は断ったのだが、その理由が、もっともだと話題になっている。

【飛行機に乗ったら知らないオバさんが自分の席にいた】

「席を譲って」という女性に遭遇したのは、台湾のアイドルグループChoc7の元メンバーAben(阿本)だ。Facebookの投稿によると、彼が飛行機に乗った際、自分の席に知らない女性が座っていたという。しかも他の席いっぱいに荷物も置いて。

 

 

【席を譲って → 断った結果 → 罵倒される】

そして、Abenに「足が痛いから譲ってくれ」と話したそうだ。……これは困った状況だ。足が痛いと言ってるし、譲るべき? 勝手に座られてていい気持ちはしないし、断るべき? Abenのとった行動は “断る” だった。

すると女性の同行者がAbenをにらみつけ、さらに「礼儀知らず!」と罵倒してきたのだとか。

【「礼儀正しくお願いされたら譲っていた」】

この件について、Abenは以下のようにコメントしている。

「もし、僕が来るのを待って “譲ってほしい” と言われてたら、譲ったよ。お年寄りだろうと若い人だろうと、必要ならば譲った。でも、さも当然のように僕の席に座って、しかも僕が席を奪ったかのような態度をとられたら、申し訳ないけど席は譲らない。(他人を尊重することは)小さなことかもしれないけど、すごく重要なことだと思う」

まずはお互いを尊重する態度をとることが、基本的なマナーではないかと訴えたのだ。

このAbenの主張にネット上では

「その通りだと思う!」
「席の交換じゃなくて、“譲れ”なの? 意味がわからない」
「席を譲るっていうのは、譲る方も譲られる方もお互いマナーが必要だわ」
「どっちが礼儀知らずだ」
「地下鉄じゃないんだから! みんな座席を購入してるんだよ」
「僕は同じ状況で怖くなって譲ったけど……すごくモヤモヤした」
「好きな席に座りたいなら、早めにチェックインするか事前にネット予約すればいいのに」

と、支持の声が多く寄せられている。

しかし、譲ったとしても、断ったにしても、この状況はモヤっとしそう。丁寧に座席の交換をお願いされたら話は別だったのだが……もし同様の状況に遭遇したら、あなたならどうする?

 

 

 

【引用元】

https://gunosy.com/

引用元:四葉のclover

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます