イスラム国に参加した家出少女、イラクで捕まり死ぬほど後悔する…(画像あり)

warotter(ワロッター)

イスラム国-参加-少女-ドイツ人-死刑-00

自らの意思でイスラム国に参加していた少女がイラクで捕まり、死刑になるかもしれないというニュース。後悔してる感がすごい…

2017年7月某日、イラク北部の都市モスルにて、イスラム国に参加していた16歳のドイツ人少女「Linda Wenzel(リンダ・ヴェンツェル)」が、イラク特殊作戦部隊によって身柄を拘束されました。(※動画は一番下から)

1.

2.

3.

4.

彼女は両親に「友達の家に泊まる」という嘘をついて家を出ていたのだそうで、彼女には2016年の7月頃から両親によって捜索願が出されていました。保護者承諾書を偽造しトルコへと渡った彼女はその後、イスラム国の戦闘員との結婚を果たし、出産まで経験していました。

彼女がイスラム国に参加するきっかけとなったのは、インターネット上での出会いだった模様。ネット上でアラブ諸国のムスリム男性ら複数人と交流関係を持っていた彼女は、次第にイスラム国の過激思想に染まっていったのだそう。

彼女はその後のインタビューで「私はとにかく一刻も早くここから離れたいです。多くの武器や騒音、戦争から逃れたいです。私の望みは家に帰ることただそれだけです。」と語っています。

ドイツの外交官の話によると、死刑はほぼ確実に免れるとのことですが、それにも絶対の保証は無く、免れたとしてもイラクで数年間の懲役刑を受ける可能性があるのだそう。また、祖国ドイツへと帰国した場合にも、約10年の懲役刑になる可能性があるとのこと。

海外の反応
・以下眉毛コメント禁止
・参加した当初は15歳だったってことか
・洗脳されてた言えば済むと思ってるのか?
・きっと彼女はISISが優位ならば後悔なんてしていないはずだ
・彼女はイラク軍兵士を殺害したことを認めているらしい
・兵士達はよくこんなに笑顔になれるね
・彼女は後悔しているだけで、懺悔しているわけではない
・自由には責任が伴うってことをわかっていない
・お願いだからドイツに帰って来ないでほしい
・今じゃ誰でもテロリストになれるからね。私達はそんな奴が隣に住んでいないことを祈るしかない

via:dailymail

引用元:WER

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます