テレフォンオペレーターに暴言や罵声を浴びせるクレーマー、彼らをピシャッと黙らせたアイデア

warotter(ワロッター)

Kind_Words_Ring_back_tone_GS_Caltex08

「責任者をさっさと出せ! オレの言ってることがわからないのか?」

「あきれた。お前は、本当に社会人か? クソったれ!」

罵声や怒号が飛び交うコールセンター。

人格が変わったように、暴言を電話越しに浴びせます。

「なにもできず、ずっと手が震えていました」

ストレスを一身に受け止めるのがテレフォンオペレーター。

「なぜ、こんな侮辱をされないといけないんだろう」「バカみたいな話し方をするな!ってよく言われました」

オペレーター達が発する言葉が、深刻さを示しています。ストレスは相当なようです

“心の労働者”とも呼ばれるコールセンターの従業員たち。

侮辱だけでなく、卑猥な言葉といったセクハラ被害を受ける実態があります。

中には、こんなケースも。

40代の顧客が、3ヵ月以内に163回の苦情電話をし、25人の従業員たちに暴言を放った」

 

 

【クレーマーの態度を一変させたアイデア】

とはいえ、問い合わせの電話は毎日やってきます。

みんなが、なんとなく気づいてるけど、どう解決したらいいかわからない

石油会社GSカルテックスは、この問題をとてもシンプルなアイデアで打開。労働環境を改善させました。

  

“優しくて、頑張り屋な「私の娘」がもうすぐ電話で対応します”

 

“僕の大好きな、愛する妻が、もうすぐあなたを助けます”

 

“私の世界一大好きなママが、もうすぐ案内します。もう少々お待ちください”

 

アイデアは、コールセンターの呼び出し音を「従業員の家族の声」による録音メッセージにするもの。

オペレーターへの暴言は、オペレーターの家族も傷つけている。

知らず知らずのうちに、だれかの家族を傷つけているかもしれない……

「この呼び出しでお客様に思い出させました。コールセンターの従業員にも家族がいることを」

オペレーターに笑顔が戻ります。冒頭の悲壮さは欠片もありません。

実際、オペレーターにつながるまでの長い時間が、クレーマーのストレスを増幅させ、より神経質に攻撃的にさせる一因となっていたのかもしれません。そんな心を和らげ、一息つく時間に。

苦情、要求がいつのまにか「言葉の暴力」に変わってしまう現実。取り組みによって、オペレーターの表情は晴れやかに。

「通話のはじめに、お客様が『お仕事お疲れさま』と声をかけてくれたことがとても嬉しかったです」と、喜びます。

この取り組みを行った結果、従業員のストレスレベルが54.2%減少。

オペレーターにも、そしてクレーマーにも大切な家族がいる

誰にも家族がいることを思い出せば、日常のコミュニケーションがもう少しだけ優しいものになるかもしれません。

【引用元】

https://feely.jp/

引用元:四葉のclover

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます