まじで!?これを知ったらホテルでもうこれを使いたくない!

warotter(ワロッター)

f87b49ad593421360e9301e421f8c5d3_content

みなさんの旅の必需品は何? カメラ、本、ホッカイロ、帽子、ストールなどなど、色々な答えが聞こえてきそうだが、「ヘアドライヤー」を挙げる人は少数かもしれない。かさばるし、ホテルに備え付けられていることも多いからワザワザ持っていかなくてもいいかな……って、ちょっと待って!

この度、ある海外メディアが「ホテルのドライヤーは使わずに、自分の物を持ち運んだ方がいい」と報じて話題になっているのだ。一体なぜだろう?

 

 

【一見して清潔そうな物でも……

海外メディア『The Sun』が報じた、この「ホテルのヘアドライヤー」問題。過去に『ABC News』が、格安クラスから高級クラスまで様々なホテルの部屋の細菌数を調査したところ、ルームサービスのメニューやアイスペール、ドライヤーなど一見して清潔そうな物から大量の細菌が検出されたというのだ。

「最も不潔なのはトイレ」だと思われがちだが、トイレの細菌数は一般家庭のものと大差なかったそう。しかしドライヤーには、調査を行った微生物学者が「予想以上に不潔だった」と述べたほど細菌が付着していたようだ。

 

 

【なぜドライヤーが汚いのか?】

でも、なぜドライヤーは汚いのか? 『The Sun』はその理由を、「トイレや浴槽など “不潔” だとされる箇所の清掃は重視されるが、汚れていないように見えるスイッチやドライヤーの清掃は手が抜かれがちなのではないか」と分析している。

私もホテルで清掃員として働いたことがあるが、この分析は正しいように感じた。たしかに便器の汚れや鏡の水はね、浴槽の水垢など、汚れがちな箇所には注意を払っていたが、ドライヤーやリモコンなどは目視で確認し、布で軽く拭く程度だったからだ。

 

 

【トイレと洗面台が一緒になっているのも一因か】

またホテルでは、風呂・トイレ・洗面台が一緒になった「バスルーム」が主流であることも関係していそうだ。

トイレの蓋をせずに水を流すと、ウンコの大腸菌が2メートル近く飛ぶと言われており、「バスルームに置かれた歯ブラシの60%に大腸菌が付着していた」という調査結果も発表されている。ならトイレと同じ空間に置いてあるドライヤーに、大腸菌が付着していてもなんらおかしくないはずだ。

だが、大腸菌は目に見えないため、清掃員もザッとしか掃除しない……といった感じで、ドライヤーがどんどん汚くなっていくのではないだろうか?

しかも全てのホテルが、清掃に使用する布を部屋ごとに取りかえているとは思えないし、実際に「掃除用具自体が不潔」だと指摘する専門家もいる。本来なら綺麗にするはずの布を介して、部屋から部屋に汚れが運ばれている可能性だってあるのだ。

 

 

【「高級ホテル=必ず清潔」という訳ではない】

別の実験では、9つ中3つのホテルが、シーツを交換していなかった。もちろん、プロとして徹底的に掃除を行うホテル、清掃員はいるが、同時にシーツを替えない清掃員も存在する。シーツすら替えないで、ドライヤーの目には見えない汚れを気にするとは思えない。

だが、各ホテルの清掃事情を外から知るのは難しい。今回『The Sun』が取り上げた調査では、とある高級ホテルよりも格安ホテルの方が清潔だったケースもあり、「高級ホテル=絶対に清潔」とは言い切れない。

気になる人はホテルのドライヤーを使用する前に自身で消毒するか、マイドライヤーを持参した方がいいかもしれない。

 

 

【引用元】

https://gunosy.com/articles/RVPbv

引用元:四葉のCLOVER

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます