挙式当日、花嫁は亡き息子の心臓の移植相手に会う(画像あり)

warotter(ワロッター)

19748619_1607731909238602_9066490288079289052_n

2年前、アラスカ州に暮らすベッキー・ターニーは、当時まだ19歳の息子トリストンを失うという人生で最悪の日を経験しました。

苦痛に耐えながらもベッキーは生きるよりほかありませんでした。息子の死から2年後、ベッキーはケリー・ターニーという最愛の男性と結婚します。もちろん挙式という特別な日も一歩一歩踏み出すたびにとリストンのことを思い、40歳になっていたベッキーは次のメッセージを添えて亡き息子のためにひとつ空席を作っておきました。

”この挙式の日、天国にいる僕はどうしたらいいだろう?地上に降りてこの日を一緒に過ごします。だから椅子を一つ、席を空けておいてください。目には見えないかもしれないけど、僕はそこにいます。(この席は花嫁の亡き息子のために空けています)”

しかし夫となるケリーがこの日彼女のために用意していたサプライズにベッキーは文字通り言葉を失います。

挙式が始まる数分前、ケリーはベッキーに紹介したい人がいると言います。その人は21歳のヤコブ・キルビー、サン・ディエゴからベッキーに会うためだけに飛んできたのです。ヤコブを目にした途端、ベッキーの涙が次から次に溢れてきます。このヤコブがどんな人物なのかすでにわかっていたのです。

トリスタンの死後、ベッキーは移植を待つ人々のために息子の臓器を提供することに決めました。この思いやりある行為のおかげで5人の命が助かりました。その1人が2015年10月にトリストンの心臓を移植したヤコブでした。夫となるケリーはヤコブとの対面を何ヶ月も前から準備していました。ベッキーとケリーの人生の大切な日にヤコブが出席してくれれば、トリストンの一部、つまり心臓もそこに同席できるからです。

2人の対面は言葉で言い表すことのできない瞬間でした。ベッキーは聴診器を使って息子の鼓動をもう一度聞きました。トリストンはもう生きていませんが、トリストンの心臓がベッキーのすぐ隣で脈打っています。ベッキーは興奮してこう言います。「頭がおかしくなったかと思ったわ。まるで小さな女の子みたいに叫び声を上げてピョンピョン跳ね回って。信じられなかった。こんなに驚いたこと今までになかったわ、本当に。私はクリスマスの時でもツリーの下に飾ってあるプレゼントの包みを内緒でみんな開けてしまってそっと戻しておくような子供だったから。だから私が全然気がつかずにこんなことを企画するなんてなんてケリーはすごいわ」

ヤコブは左心低形成症候群と言われる致命的な先天性の心臓疾患を持って生まれました。わずか2歳で最初の移植手術を受ける時にはすでに3回も手術を受けていました。しかし2015年、心臓の状態が悪化するとすぐに心臓発作を起こしてしまいます。移植リストに名前が載ると、その年の10月にトリストンの心臓移植手術を受け手術は見事成功しました。息子がヤコブと他の4人の命を救うことができたというのは素晴らしいことだとベッキーは言います。「誰もがこの世に何かを残していくけれど、トリスタンがヤコブの人生をこれほどまで変えたというのを目にするのは信じられないことです。本当に息子を誇りに思います」

ケリーは、妻へのこの贈り物で他の人が臓器提供を考えるきっかけになればと願っています。「臓器提供は他者に対する最高の無私の行為ではないでしょうか。そして提供者の家族と移植者が連絡を取り合うことも勧めています。お互いのコミュニケーションで心の傷が癒えていくからです」ケリーは言います。ヤコブは移植者と提供者の家族の間には不思議なつながりを感じると言います。「永遠に続く絆だと思う」21歳のヤコブは言います。

ベッキーとケリーの挙式の後に、参列者のみんなの頬が涙に濡れていたのはもっともでしょう。親にとって子供を失うというのは何よりも大きな打撃ですが、ベッキーは新しい夫のおかげで、人生で一番大切な日に息子のそばにいることができました。

そしてもちろん、挙式に出席してほしいと頼まれた瞬間ヤコブは行こうと決心したそうです。結局この家族がヤコブに新しい人生を与えたのですから。悲しい物語がハッピーエンディングになったこのストーリーは、人々の思いやりに溢れた優しい心は人生の様々な局面に見出すことができると教えてくれますね。

引用元:イミシン

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます