【知らない方が幸せ】店がお客に絶対に言えない原価、実はあれも、これも本当は激安だった!

warotter(ワロッター)

12747266114bfac8d365fad_import
ドリンクバー 原価1杯5~8円
中でも原価が安いのは炭酸系。高いのがガムシロップやミルクを入れたアイスコーヒーやアイスティーだとか。

焼肉食べ放題(90分間で1980円) 原価約500円

しゃぶしゃぶ食べ放題 原価100グラム70円~
1000円で食べ放題の場合、約1.3kg食べないと元は取れないということになります!

牛丼 原価100~120円

カレー(400円) 原価約130~160円
ポーク・チキンの場合。ルーが80~100円、ライスが約50~60円程度になります。

コーラ1缶 原価5円以下
ただし、コーラ原液のみの値段です。これを水で割ると、「コーラ」になります。

ジュース1缶 原価5円以下
飲料に関しては、人件費とボトル製造費が原価の大半を占めていて、120円の缶飲料の原価は、中身が約2円、缶が約11円。150円のペットボトルだと中身が2.5円、ボトルが12円だということです。

ファミレスのハンバーグ 原価25~35円
すごい儲け率!と思うけれど・・・人件費など、いろいろなコストがかかるので、思ったよりも儲けは出ていないとのことです。

焼き鳥 原価30円~
外国産のほうが原価は安くなります。激安居酒屋など、リーズナブルな価格のものは、たいていタイなどの外国で作られたもの。

かけそば(200円) 原価約120円
原価が半分以上と、想像よりも高め。麺の原価が約70円、つゆとねぎ代が約30円、光熱費約20円という内訳です。天ぷらなどのトッピングなどで儲けを出しています。

かけうどん(210円) 原価約60~70円
こちらの原価は30%程度。かけそばとかけうどんなら、うどんのほうが儲けが出るということになりますね。

缶ビール(200円) 原価約65~70円
そのうち、缶の原価に一つあたり約20円程度かかるそうです。

500mlのミネラルウォーター(120~180円) 原価約50~90円

ボジョレーヌーボー 1本 原価320円
原価の2倍以上も航空運送費用がかかっています。

ラーメン(600円) 原価約200~300円
麺が60円ほどで、あとはスープの価格。スープの値段は種類によって違うんだそう。一番高い のが、とんこつで、スープだけで一杯150~180円。ちなみに具の原価が一番高いのは・・・やはりチャーシューなんです。

ハンバーガー(100円~) 原価約60~80円
ドリンクやポテトと比べて、一番儲けが少ない商品。ハンバーガーと一緒に他のものも一緒に買う人が多いので、そちらで儲けを出します。

ハンバーガー店のポテト(240円~) 原価約15円
「ご一緒にポテトはいかがですか?」と勧めてくるのは、とても利益率が高い商品だからなんですね・・・

ショートケーキ(300 円程度) 原価15~30円
デコレーションケーキ1台3000円くらいものの原価は、なんと200円以下だそうです!

コーヒー(300~600円) 原価約30~60円
原価は販売価格の10分の1で、場所代と人件費が結構かかっているようです。おしゃれな場所ほどコーヒーが高いのも、なるほどとうなずけますね。

紅茶(300~600円) 原価約16円
紅茶の場合、さらに原価がかかっていません・・・

喫茶店のミルク 原価約1円
「ミルク」と私たちは呼んでいますが、ミルクはまったく含まれていません。植物性脂肪と、多少の乳脂肪からできています。だからリーズナブルなんですね。

引用元:FB速報

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます