【感動】自分の命と引き換えに、飼い主を守った愛犬2匹の壮絶な最期!

warotter(ワロッター)

PAY-DOG-BITES-SNAKE-3

南アフリカに住むルイス・グロブラーさんが飼っている愛犬ヨークシャーテリアのスパイク10歳です。

ある日スパイクは異変に気づきます。

猛毒のコブラが飼い主の部屋に近づいていたのです!

その距離わずか1メートル。

ルイスさんはこの時電話中で、自分に危険が迫っていることなど知る由もありませんでした。

スパイクは躊躇することなくコブラに飛びつきました。そんな愛犬の勇断により飼い主の命は守られたものの、スパイクはすでにこの時にコブラに噛まれていたのでした・・

ルイスさんはスパイクが何か咥えているのに気づき、近寄ってみると猛毒を持ったコブラであることがわかりました。

事態の重大性を感じたルイスさんは、近所の人に手伝ってもらいましたが、すでにこの時スパイクがコブラを絶命した後でした。

パニック状態のルイスさんにさらなる悲劇が訪れます。

なんともう1匹の愛犬プリンセスもコブラに足を噛まれていたのでした。

コブラの毒は確実にスパイクとプリンセスの神経を破壊し始めていました。そして30分後。スパイクは亡くなってしまいました。 

ルイスさんと18歳になる娘さんのマリスカさんは、目の前で苦しみながら死んでしまったスパイクを抱きしめます。

その直後、仲間と飼い主の傍らにいたプリンセスにも異変が起き始めました。飼い主がプリンセスの身に何が起きたのかを理解したときには、もう手遅れでした。

スパイクが亡くなってから1時間もしないうちに、プリンセスまでもがコブラの犠牲になってしまったのです。

マリスカさんは、子犬のスパイクが道端に捨てられていたところを拾って、今日まで育ててきたのだそうです。 

一方のプリンセスもまた、前の飼い主が捨てたあとにルイスさんが引き取った保護犬でした。しかも、この悲劇からわずか2週間前に迎えられたばかりだったのです。 

2匹の愛犬が亡くなってしまった翌日、家の前庭には2つのお墓が寄り添うように建っていました。 

楽しく暮らしていた家族を突然襲った悲劇に、ルイスさんもマリスカさんも埋葬中はもちろん、数日間泣き続けたと言います・・

自分の命と引き換えに飼い主を守ったスパイク。

ルイスさんの気持ちを思えば言葉になりません・・

悲しくもコブラの犠牲になってしまった2匹の犬のご冥福を御祈りいたします。

コブラは今の所日本にはいませんが、毒ヘビと呼ばれるものは存在します。

暖かくなったこれからの時期、散歩中の草むらや壁に設置された水抜きパイプ、石垣の隙間などに愛犬が顔を突っ込まないように注意したいですね。

また、アウトドアでキャンプに愛犬を連れて行く際にも、細心の注意を払ってください。

 

 

【引用元】

http://www.mirror.co.uk/

 

引用元:四葉のclover

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます