【衝撃】20才のブラジルの美少女が 「処女」 をオークションに出品、日本人が驚愕の値段で競り落とす

warotter(ワロッター)

美女

先日、20才のブラジル人美少女が

あるものをオークションに出品しました。

あるものとは彼女の処女です。

それだけでもビックリですが

落札価格にもビックリです。

なんと日本人が6200万円という高値で競り落としましたw

このオークションを企画したのは

オーストラリアのドキュメンタリー映像作家です。

ドキュメンタリー映画『Virgins wanted』では

初夜前後の人間の姿を描くのだといいます。

そして

この企画に参加し自身の処女をオークションに出品したのが

ブラジル人のカタリナ・ミリョリーニさん(20)です。

 

カタリナさんは故郷で貧しい人のために

家を建てるためにこの企画に参加したそうです。

 

▼6200万円で処女が落札されたカタリナさん

34364685

 

このニュースにネットユーザーからは

「マジかよ」
「これって売春行為なのでは?」
「日本人は何を考えているのか」
「全くやれやれだ」
「処女信仰」
「なんか両者とも可哀想」
「彼女のことを好きになっても、俺なら1円だって払わない!」
「彼女の行動は素晴らしいと思うけど」

と物議をかもしています。

同じ企画で童貞も出品w

価格は24万円と微妙な値段に・・・。

▼こちらが童貞を出品した青年・アレックスさん

4364635

気に入っていただけましたか??

引用元:FACEBOOKまとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます