地名にこの漢字が入っていたら要注意!漢字が意味する警告とは?

warotter(ワロッター)

e06280b7a24783565ee6018ea8bea484-768x532

我が国日本は世界的に見て災害の多い国だ。

長い歴史を紐解いてみると、災害が起こりやすい地域というのは大体決まっているんだとか・・

そういう場所には先人が災害を示唆する地名をつけていることが多いそうです。

つまり地名を知れば、災厄を予見し、我が身を守ることができるのです。

今回はネガティブな思考ではなく、ポジティブな思考でこのことを捉えて欲しい。

確かに次にあげる漢字が地名に入っていないのが望ましいが、もし入っていたとしても、今後の災害対策に役立てて欲しいのです。

入っているから必ずしもそうでない場合もあるかもしれませんが、「備えあれば憂いなし」という言葉があるように準備に越したことはないと思うので、ぜひ知っておきたいことだと思います。

 

いかがでしたか?

あなたの街は大丈夫でしたか?

入っていないからといって必ずしも喜んでいいとは限りませんよ・・

なぜなら、時の流れの中で名称が変わってしまい、 

表面的にはその危険性がまったくわからなくなってしまっている土地もあるそうなんです。

自由が丘をはじめ、日本全国には「○○が丘」や「○○台」、あるいは「希望」や「光」といった 

明るい意味の単語を使った地名は数多い。そのほとんどは近年つくられたばかりの新興住宅地。 

ところがそうした場所は、古い地名が災害と関係していることがしばしばあるそうなのです。 

そう語るのは「地名情報資料室」を主宰し、『この地名が危ない』(幻冬舎新書)などの著書をもつ地名評論家の楠原佑介氏です。 

新地名が一つ誕生すると、少なくとも数個の旧地名が抹消されます。 

そうなるとその土地に根付く伝承、それこそ災害の歴史も人々から忘れ去られてしまいます。 

残念なことに今の日本には『聞こえの悪い地名は変えてしまえ』という風潮が蔓延しています。

不自然に明るい印象を受ける地名が付けられる背景には、行政や企業が災害を示す旧地名、 

いわゆる『あぶない地名』を隠そうとする意図が見られる場合もあるようです。

【引用元】

http://nomusoku.blomaga.jp/

引用元:四葉のCLOVER

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます