7歳の少年が欲しかったサインは「ジェームズ・ボンド」違うサインをもらって落胆する少年に対するロジャームーアさんの期待を裏切らない神対応!!

warotter(ワロッター)

eye

イギリスの俳優、ロジャー・ムーアさん。1973年から1985年まで、大人気スパイ映画の『007』で主人公のジェームズ・ボンドを演じた名優です。

2017年5月23日、ムーアさんが療養先のスイスで死去したことが報じられると、生前に親交のあった多くの人たちからさまざまなコメントが寄せられました。

そんな中、脚本家として活躍するマーク・ヘインズさんの『ムーアさんとの忘れられないエピソード』が注目されています。

【空港で偶然ジェームズ・ボンドに遭遇】

それはヘインズさんがまだ7歳の少年だったころ。祖父とニースの空港にいた時に、偶然ムーアさんを目撃します。

当時のムーアさんは、『007』のジェームズ・ボンドとして、大人だけでなく子どもにも大人気の映画スター。ヘインズさんは、祖父に「一緒にサインをもらいに行ってほしい」とお願いしたといいます。

すると

祖父は、僕(ヘインズさん)を連れて、ロジャー・ムーアさんのところに歩いて行きました。

そして、僕を持ち上げて、ムーアさんの前に突き出し、こういったんだです。

「孫があなたのファンなんです。これ(航空券)にサインをしてもらえませんか」

ムーアさんは想像通り、人当たりのよい人でした。快くサインをしてくれたのです。

映画スターでありながら、子どもの突然の申し出に嫌な顔1つせずに、サインをしてくれたというムーアさん。

しかし、そこにはヘインズさんが期待していた名前が書かれていませんでした。

 

 

 

「ロジャー・ムーア」

 

 

 

 

当たり前のことですが、ムーアさんは「俳優ロジャー・ムーア」として、サインをしてくれました。

しかし、7歳だったヘインズさんが期待していたのは「スパイであるジェームズ・ボンド」のサインです。

失望しているヘインズさんに気付いた祖父に理由を尋ねられたヘインズさんは「名前が違うんだ」と伝えます。

理由を聞いた祖父は、再びムーアさんのところへと行き、「すみません。あの子はあなたの名前はジェームズ・ボンドだっていうんです」と伝えます。

すると

 

 

 

【子どもの期待に応える本物のスター】

7歳の少年だったヘインズさんは「ジェームズ・ボンドのサインが欲しかったこと」を知ると、ムーアさんはニコッと笑います。

そして、ヘインズさんを呼び、耳元でこうささやいたのです。

「私はね、ロジャー・ムーアという名前でサインをしなければならないんだ」

「なぜなら『ジェームズ・ボンド』とサインしてしまうと、ブロフェルドに居場所がバレてしまうかもしれない」

ブロフェルドとは、『007』に登場するジェームズ・ボンドの宿敵

さらには「ここでジェームズ・ボンドに会ったことは秘密だよ」と、ヘインズ少年に伝えたというのです。

一緒に任務に就いたかのように感じたヘインズさんは大喜び。忘れられない思い出になったといいます。

 

 

が!!!

ムーアさんの神対応はこれだけでは終わりませんでした。

時は流れて、23年後。脚本家となったヘインズさんは、仕事でムーアさんに再会する機会を得ます。

撮影の合間に、当時の思い出を伝えたヘインズさん。しかし、ムーアさんは「記憶にはないな」と、残念ながら覚えていない様子です。

もちろん、ムーアさんはイギリスのみならず、世界中にファンを持つ映画スターです。ヘインズさんのような経験をした少年がほかにもいたのかもしれません。

それでも「ステキな体験だった」と語るヘインズさん。撮影も無事に終了し、自分の車に向かって歩いていた時のことです。

ムーアさんが私(ヘインズさん)の横に並び、左右を見ながらヒソヒソと話しかけてきたんだ。

「もちろん、ニースで君と出会ったことは覚えているよ。だが、あの時に何もいわなかったのは、カメラマンの誰かがブロフェルドの手下かもしれないからさ」

 

 

 

ファンの期待を裏切らない!!!

この素晴らしい神対応が明かされると、多くの称賛の声が寄せられます。

・本物のスターって感じがします。ご冥福をお祈りします。

・素晴らしい人だったんですね。作品も大好きでした。

・こういうユーモアに富んだ対応って大好き。きっと多くの人から愛された方だったんでしょう。

ちなみに、ヘインズさんはTwitterで、ムーアさんからサインをしてもらった航空券を現在も大事に持っていることを明かしました。

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見る

Here’s that Roger Moore autograph on my granddad’s boarding pass. Thanks for donating £1000 to UNICEF to see it! https://www.justgiving.com/fundraising/Marc-Haynes 

作品の中だけでなく、プライベートでもスターとしての役割を果たし続けてきたムーアさん。

これからもロジャー・ムーアとして、そしてジェームズ・ボンドとして多くの人たちの心の中で生き続けるに違いありません。

【引用元】

https://twitter.com/marchaynes/

http://talkradio.co.uk/news/

引用元:clover

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます