ワキだけじゃない!夏に多い「顔がクサい」ってなに??!!

warotter(ワロッター)

気温が上がってくると気になるのが、汗とそのニオイ。

すれ違いざまに「クサっ」と思われることがないように、制汗剤や拭き取りシートを使って、ニオイ対策をしている方は多いと思います。

今、「これで大丈夫」と思ったそこのあなた!

 

とても大事なあのパーツのニオイ対策を忘れていませんか?

 

それは、”顔のニオイ”。

 

顔のニオイなんて気にしたことがなかったという方は、要注意ですよ。

 

■顔がクサくなるのはなぜ?

 

暑くなり体温が上がると、新陳代謝が活発になります。

 

すると、皮脂腺の働きも活発になるため、皮脂の分泌量が増えます。その量はなんと、冬の2倍なのです!

 

 

しかも、皮脂は時間が経つと酸化して、古い油のような悪臭に変わります。

 

そのニオイに自分で気づくこともあれば、パートナーやエステティシャンに気づかれて、恥ずかしい思いをすることも……。

 
kaokusai
女性として、顔がクサいなんて事態は絶対に避けたいですよね。

 

とはいっても、顔にまで制汗剤をふりまくわけにはいきません。

 

ニオイの元になる皮脂の分泌量を増やさないためにも、下記の項目には注意しましょう。

 

 

■皮脂の分泌量を増やすNG習慣4つ

 

(1)動物性脂肪を含むものを好む

 

皮脂の主成分は中性脂肪です。

 

肉や生クリーム、バターなどの動物性脂肪を含む食べものや砂糖、

果糖などの糖質を含む食べものは、体内で中性脂肪に作り変えられるため、皮脂の分泌量を増やすことにつながります。

 

 

(2)血糖値を急上昇させるものを好む

 

パンや小麦粉、麺類、じゃがいも、スイーツは、血糖値を急上昇させます。

すると、血糖値を下げるためにインスリンというホルモンが分泌され、それが皮脂腺を刺激して皮脂の分泌量を増やします。

 

 

(3)過剰な洗顔をする

 

ゴシゴシ洗顔をしたり、刺激が強い洗顔料を使っていると、皮脂を取りすぎてしまいます。

その結果、肌に潤いを取り戻そうと皮脂の分泌が盛んになり、脂性肌に傾いてしまいます。

 

(4)ストレスを溜めたままにする

ストレスが溜まり自律神経のバランスが崩れると、男性ホルモンの分泌が高まって皮脂量が増えます。

ニオイの元になる皮脂の分泌を抑えるには、上記の項目に気をつけるだけではなく、ビタミンB群を摂取するのも効果的です。

これからは体だけではなく、”顔のニオイ”にも気を使ってみてはいかがでしょうか?

 
引用元:livedoornews

 
 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます