www数々の大ヒット映画や漫画ウシジマくんがリアルに再現した、日本最大の事件簿・・・最近起きた00がノミネートwww

warotter(ワロッター)

現在収監中で静かに執行を待つ死刑囚たち

宗教団体オウム真理教の元代表、教祖であり、日本の国家転覆を企て、一連の事件による確定死刑囚。
坂本堤弁護士一家殺害事件
松本サリン事件
地下鉄サリン事件など

2014年現在、東京拘置所に収監されている。

死刑が執行されていないのは、共犯者の公判が続いていたことと逃亡者が存在していたためと思われる。

2012年までに逃亡していた元信者達は全員逮捕されている。

獄中で糞尿を垂れ流すため、おむつを使用していると報じられている。

出典麻原彰晃 – Wikipedia

風呂に自力で入れないので看守等に洗われるわけであるが、体に付着した大便のせいで風呂場はとんでもないことになる。

掃除の際は飛び散った大便を長靴で踏んで排水口に流せるほど細かくして流し、クレンザーで殺菌するらしい

麻原は東京拘置所における松井との接見の最中に服の上から股間を擦り、さらに陰茎を露出させて自慰行為をおこない、射精に至ったという

出典麻原彰晃 – Wikipedia

3人の娘と面会の際には、スウェットパンツの中から性器を取 り出すとオナニーを始めた。3人の娘たちが沈黙している不自然な空気を感じ取った看守が気付き「やめなさい!」と制止したものの、3回ほど繰り返した。3 人の娘たちは絶句したまま呆然と父の自慰を見つめたまま接見時間の30分が過ぎた。

1998年7月25日に園部地区で行われた夏祭りで、
カレーを食べた67人が腹痛や吐き気などを訴えて病院に搬送され、4人が死亡した。

当初保健所は食中毒によるものと判断したが、警察庁の科学警察研究所が改めて調査して亜ヒ酸の混入が判明した。

知人男性に対する殺人未遂と保険金詐欺の容疑で主婦・林眞須美(はやし ますみ、1961年7月22日 – )が逮捕された。

 

 

さらに12月9日には、カレーへの亜ヒ酸の混入による殺人と殺人未遂の容疑で再逮捕された。

2014年現在、大阪拘置所に収監されている。

出典和歌山毒物カレー事件 – Wikipedia

戦後日本では11人目の女性死刑囚である。

再審請求中。

真犯人がいる?

現場で見つかった紙コップに付いていたヒ素と、林宅のプラスチック容器から検出されたヒ素は別物である、との鑑定が出たという。

当時、カレー事件の他に、夫や知人男性に対する保険金を目的とした殺人未遂で逮捕、起訴された。

裁判では23件の保険金殺人疑惑のうち、6件が林氏の犯行とされた。

これに対して林氏は保険金詐欺をしたことは認めたが、保険金目的でヒ素を飲ませたことは否認した。

保険金を騙しとるため、知人にヒ素を飲ませ殺そうとした、これがカレー事件も林氏の仕業に違いない、とのイメージ作りには大きな効果があった。

2002年(平成14年)3月に北九州市小倉北区で発覚した監禁、殺人事件。

人 の弱みにつけこんで監禁をして金を巻き上げ、

拷問と虐待によってマインドコントロール下に置き、

お互いの不満をぶちまけさせて相互不信を起こして逆らえな くし、

被害者同士で虐待をさせることで相互不信を一層深くさせ、

自分の手は汚さずに用済みとなった人間を殺害して死体処理を行わせた(裁判では6人の殺害 と1人の傷害致死)。犯罪史上稀に見る凶悪犯罪とされ、

第一審で検察側は「鬼畜の所業」と容疑者男女を厳しく非難した。

非常な残虐性・悪質性にもかかわらず、事件に報道規制がかけられたとされ、事件の知名度は高くない。

2014年現在、福岡拘置所に収監されている。

出典北九州監禁殺人事件 – Wikipedia

自ら殺人はせず死刑確定した稀な死刑囚。

無罪を主張している。

1993年(平成5年)に日本の埼玉県熊谷市周辺で発生した殺人事件。

マスコミ報道が先行した事件であり、

被疑者の映像が連日映し出された上、

完全犯罪を目論んだ残忍な結末が明らかになるなど異常性の高い事件であった。

2014年現在、東京拘置所に共犯者とともに収監されている。

共犯者は戦後日本では12人目の女性死刑囚である。

再審請求中。

死刑囚フロアの最大の要注意人物。まったく反省していない

出典週刊新潮より

「箸で目ん玉くりぬくぞ」と脅したこともある

京浜安保共闘と赤軍派が統合して結成された連合赤軍内で、それぞれナンバー2とナンバー3の地位にいた永田洋子被告と坂口弘被告が引き起こした事件。

真岡猟銃強奪事件
印旛(いんば)沼殺人事件
山岳ベースリンチ事件
あさま山荘事件 など

2014年現在、東京拘置所に収監されている。

坂口の死刑が執行されていないのは、共犯者である坂東國男が国外逃亡して裁判が終了していないためとされている。

坂東國男は現在国際手配中。

共犯の永田死刑囚は肺炎を発症して2011年に没。

坂口と永田は事実婚の関係にあったが、

1972年2月(山岳ベースで最後の死者が出た直後)、坂口が山岳ベースから接触のため永田と森の東京の潜伏先に赴いた折に永田から「森と夫婦になることにした」と離婚を告げられた。

2008年10月1日に大阪府大阪市浪速区の個室ビデオ店で発生した放火殺人事件。25人が死傷した。

2014年3月に死刑が確定し、現在拘置所に収監されている。

2014年最初の死刑確定者。

2008年11月17日と11月18日に元厚生省(事務次官の自宅が襲撃される事件が発生。
死者2人、重傷者1人を出す事態となった。
最初の事件から5日後に、当時46歳の男性がレンタカーで警視庁に出頭し、自分が厚生事務次官を殺害したと供述した。

11月23日午前2時、警視庁は男がレンタカーに血のついた2本を含めた刃物など犯行時に使ったとされる物証を携えていたため、銃刀法違反で男を逮捕した。

2014年6月に死刑が確定した。

2014年6月13日、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は一審・二審の死刑判決を支持して被告人の上告を棄却した。これにより死刑判決が確定した。

平成10年1月24日、看護師の吉田純子は、看護学校の同級生と共謀して、看護師の知識を活かし、静脈に空気を注射して殺害した。

2件の殺人の他に、共謀者を脅すなどして、総額で約2億円を不当に得ていた。

2014年現在、福岡拘置所に収監されている。

逮捕後も反省した様子はなかった

純子は配膳係の受刑囚を手なずけて、石井ヒト美の下へ虚偽の証言をするように命令を下す手紙を書く。

純子は美由紀にも手紙を書くが、美由紀は受領を拒否し、弁護士に相談。これにより検察は刑務所内を”家宅捜索”し、ヒト美が汚物入れに捨てた手紙を押収。

1999年4月14日の午後2時半頃、当時18歳の福田孝 行が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。

排水検査を装って居間に侵入した福田は、

女性を引き倒し馬乗りになって強姦しようとしたが、

女性の 激しい抵抗を受けたため、女性を殺害した上で強姦の目的を遂げようと決意。

頸部を圧迫して窒息死させた。

その後福田は女性を屍姦し、

傍らで泣きやまない娘を殺意をもって床にたたきつけるなどした上、

首にひもを巻きつけて窒息死させた。

そして女性の遺体を押入れに、娘の遺体を天袋にそれぞれ放置し、居間にあった財布を盗んで逃走した。

2014年現在、広島拘置所に収監されている。(32歳)

第一審で無期懲役だったのにも関わらず死刑判決がでた

弁護側主張を全面的に退け死刑回避理由にはあたらないとして死刑判決となった。

弁護団と大月がグルになって詐病をほのめかしたことや、友人に向けて送った手紙などが死刑判決の要因となっている

福田孝行から大月孝行へ

大月純子が福田を養子にし、改姓させた。

2004年9月に福岡県大牟田市で発生した強盗殺人死体遺 棄事件。

被害者側も被告側も家族単位(被害者側は友人を1名含む)で4人ずつ、また裁判で被告である家族4名全員に死刑判決が下った特異な事例である。

金 銭トラブルが原因で連鎖的な殺人、死体遺棄に至ったと推測されているが、未だに真相は解明されていない。

2014年現在、4人とも違う拘置所で収監中。

出典大牟田4人殺害事件 – Wikipedia

母親と次男は福岡拘置所に収監されているが、父親は大阪拘置所で、長男は広島拘置所にそれぞれ収監されている。

2006年6月19日、東大阪大学(東大阪市)の学生ら2人が9人に集団リンチされた後、生き埋めにされ殺害された事件。

2014年現在、大阪拘置所に収監されている。

再審請求中。

1999年(平成11年)に発生した通り魔事件。2人(66歳女性と29歳女性)が死亡し、6人が重軽傷を負った。

2014年現在、東京拘置所に収監されている。

再審請求中。

何もしゃべらず、下を向いて一日を過ごす。

出典週刊新潮

〝お茶要りますか?〟と聞いても、やや間を置いて手でバッテ ンの合図をするくらいで、私は彼の声を一度も聞いたことがない。シャツも洗濯しないから、白いシャツが真っ黄色になってしまっているんです。トイレも絶対 に流さないので、房は臭くて仕方がない。一言で言えば〝廃人〟同然の人物で、扱いにくさでは、フロアで屈指。

▼現在死刑確定ではないが、そのうち確定になるであろう被告

2008年6月8日(日曜日)に東京都千代田区外神田で発生した通り魔事件。

7人が死亡、10人が負傷した。

2014年現在、東京拘置所に勾留中。

最高裁判所へ上告中。

2009年9月に発覚。金目的で3名を殺害。その他にも結婚詐欺・窃盗なども繰り返していた。

2014年現在、東京拘置所に勾留中。

2014年、控訴が棄却され2審でも死刑判決。最高裁判所へ上告中。

事件当時18歳7ヶ月。交際相手を巡って3人を殺傷。

裁判員裁判で2例目の死刑判決で、少年被告では初めて。

一審判決時少年である被告への死刑判決は41年ぶり。

このまま死刑確定となれば平成生まれで初の死刑囚となる。

2014年現在、仙台拘置支所に拘留中。

最高裁判所へ上告中。

▼既に死刑執行済み、元死刑囚たち

属池田小事件(ふぞくいけだしょうじけん)とは、2001年(平成13年)6月8日に大阪府池田市で発生した小学生無差別殺傷事件である。

実行犯は、大阪地方裁判所の2003年(平成15年)8月28日付け判決(判旨)を伝える新聞記事によれば、

 

宅間守(たくま まもる、1963年11月23日 – 2004年9月14日、犯行当時37歳)による単独犯と認定されている。

 

2004年9月14日8時16分、大阪拘置所で死刑執行。

被告人が最期に残し、妻が死刑執行後に刑務官から伝えられた 言葉は「『ありがとう、と僕が言っていた』と、妻に伝えてください」とされている。

また、執行当日の朝食は摂取することが許されなかったが、被告人は執行 直前に刑務官から受け取った煙草とリンゴジュースをゆっくり味わってから、

拘置所の奥へ消えていったという。

享年40。最期まで遺族への謝罪は無かった。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件(警察庁広域重要指定第117号事件)の容疑者として逮捕、起訴され、死刑判決が確定。

2008年6月17日午前に東京拘置所で宮崎の死刑執行。

犯行動機は未解明のまま、

精神鑑定も継続中という状況だっ た。

(過去10年間における)死刑確定から死刑執行までの平均は約8年であり、死刑確定から2年4ヶ月というスピード執行。

2007年12月以降、死刑執 行された死刑囚の氏名を公表しているが、

宮崎勤の死刑執行は鳩山法相下での13人への死刑執行の中では最も大きな注目を集めた死刑執行であった。

なお、こ の宮崎の死刑執行については法相である鳩山本人が「(宮崎勤の事件は)最も凶悪な事犯の一つだと思うから、

死刑執行すべきと思うが検討しろ」と執行するた めの手続きを開始させた事案であったことを、2010年末に民放テレビのインタビューに鳩山本人が答えて明らかにした。

奈良県奈良市で2004年11月17日、帰宅途中の小学校1年生の女子児童が誘拐の後に殺害・遺棄された、誘拐殺人事件。

容疑者の自宅からは幼児ポルノのビデオ80〜100本や雑誌それに盗んだものと見られる女児の下着や衣類が約80枚、およびダッチワイフが押収されており、小児性愛者であった。

2013年2月21日、大阪拘置所で死刑執行。

2度目の再審請求に向け準備中の執行だった。

2005年8月2日に行方不明であった女性の遺体が大阪府 河内長野市にある河川敷にて発見されたのを発端として発覚した殺人事件である。

8月5日、当時堺市に住んでいた36歳派遣の修理工の男が逮捕された。

この 事件は、犯人の実父の元勤務先に捜査本部が設置されたことでも有名となった。

当初、殺害容疑はこの女性1人だけだったがその修理工の供述 によりいじめ被害者とされる男子中学生や男子大学生の殺害も発覚。

その後の捜査でこの2名の遺体が山中で発見された。

うち男子大学生の遺体遺棄現場は第1 被害者の女性のそれと全く同じ場所のダム湖であって、遺体発見現場としては数kmしか離れていなかった。

2009年7月28日、大阪拘置所で死刑執行。

苦しむ姿を見て興奮する、白色スクールソックスに興奮するという性癖を持っており、大阪拘置所内に「白色スクールソックスは禁止」というドレスコードができた。

大阪市浪速区のマンションで2005年11月17日に、飲食店店員の姉妹が刺殺された事件。

また、中学卒業後の2000年7月29日、山口市内の自宅アパートで金属バットで母親を殺害した(山口母親殺害事件)。当時16歳。

2009年7月28日、大阪拘置所にて、前上博と同日に死刑執行。

20代の死刑囚に対する執行は1979年に執行された正寿ちゃん誘拐殺人事件の死刑囚(死刑執行時29歳)以来30年ぶりであり、

25歳での死刑執行は1972年に執行された少年ライフル魔事件の死刑囚以来37年ぶりであった。

また、死刑判決確定から2年という短期間での執行は、同日に執行された自殺サイト殺人事件の加害者同様に、他の死刑囚と比較して早期の執行である。

2008年3月19日と同23日に、茨城県土浦市で発生した通り魔事件。

刃物を持った男が相次いで人を刺し、2人が死亡、7人が重傷を負った。

小林薫死刑囚他1名と同日、東京拘置所で死刑執行。

満29歳没。事件発生から5年となる直前の執行であった。

1968年から1969年にかけて連続ピストル射殺事件(警察庁広域重要指定108号事件)を引き起こした刑死者(元死刑囚)。

1969年の逮捕から1997年の死刑執行までの間、獄中で創作活動を続けた小説家でもあった。1983年、小説『木橋(きはし)』で第19回新日本文学賞を受賞。

1997年8月1日、東京拘置所において死刑執行。

生前、永山は知人に「刑が執行される時には全力で抵抗する」と述べていた。

実際に処刑の際、永山が激しく抵抗したとする数人の証言がある。このため、永山の死体は死刑執行後、速やかに火葬されたと言われている。

最期の言葉は、「俺を殺したら革命が起きる」だったという。

NAVERまとめ:gori.me

 

与沢 翼(よざわ つばさ)
1982年(昭和57年)11月11日 – )

日本の実業家でネオヒルズ族の一人である。
株式会社YOZAWA TSUBASA Holdings
株式会社フリーエージェントスタイルホールディングス代表取締役社長

今年2月に取引先のクレジットカード会社が倒産して資金繰りが悪化

・高級車も売却、高級マンションも撤退し資金調達

既にフェラーリ、ロールスロイス、ベントレー3台を売却し、住宅なども全て解約しております

与沢氏は、7000万円のロールスロイス、各4000万円のフェラーリとベントレーをすでに売却。

中古だといくらになるのでしょうか?

30日には東京・六本木に構えたオフィスを退去し、西新宿の新オフィスで再建を図るとしている。

・金持ちキャラは演出だった?

「もう金への執着はありません。(中略)生きてるだけで幸せです」

引用元:NAVERまとめ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます