【感動】世界一クリスマスが似合う国ラップランド!そこは魔法と神話の幻想的な国だった(画像あり)

warotter(ワロッター)

fa100d5b-s

フィンランド最北に位置するラップランド。皆さんはご存知でしょうか?
サンタクロース村
があることでも有名です。ラップランドはフィンランドの神話との関わりが強く、ここにはヨーロッパ唯一の先住民であるサーミ人の古い精霊信仰が根付いています。

サーミの神話では、全てのものに魂があるとされています。
生き物でも、そうでないものでも、それぞれの物語があります。岩や木、キツネやトナカイ、空に輝くオーロラ、トナカイの飼育民が使うナイフ、全てのものが英知を持っているのです。
魂は、すべてのものの中に、いつも存在しているとされています。(フィンランド政府観光局HPより引用)

古神道のような、アニミズムの考え方がそこにはあるのです。

またサーミ人に関するWikipedeiaによると、サーミ人が初めて文献上に現れたのは古代ローマの歴史家タキトゥスの『ゲルマニア』ですが、この文献ではサーミ人はまだ「フェンニー」という名前で呼ばれていたそうです。

「フェンニー」という名前は、今日の「フィン(ランド)」に通じるものがありますが、このフェンニー(サーミ人)がフィンランド人の祖先とは考えられず、謎を残しています。

いずれにせよ、サーミ人がフィンランドの文化に多大な影響を与えていることは確かであり、ラップランドの素晴らしい風景を見ていると、神話の世界が目の前に広がっているかのようです。

それでは、美しい神話とともにラップランドの幻想的な風景をお楽しみ下さい。

1. 
8b5ade7__880

2.
779fe__880

サーミの神話伝承には、ルオットチョジクというトナカイの守護霊がいます。
サーミ人はトナカイ遊牧民でもあり、日本の猿や狐の妖怪・神のようにトナカイが生活に深く関わっていることがわかります。3.
1b6acda6__880
4. 
923dd2e2d__880

5.
72dd1c7__880

世界起源の神話は、創造神の意思によるもの、宇宙卵や世界両親によるものなど、様々なタイプに分類できます。

例えば日本神話では、兄神イザナギと、妹神イザナミが天の沼矛をかき回し、オノゴロ島をつくります。

フィンランド神話は卵から様々な生命や土地が生まれる宇宙卵タイプです。

6.
6c681b0__880

興味深いことにフィンランド神話では、世界は「鷲の卵からできた」とされています。壊れた鷲の卵の下の部分から大地が造られ、上の部分からは至高の天ができました。

そして黄身からは輝く太陽が、白身からは光を放つ月が生まれます。破片は夜空の星や大気中の雲になりました。

7.
69d5df8__880

8.
3e9dae2__880

9.
2a38d31__880

10.
16bdfe5__880

11.
34513ca__880

12.
d38e2576__880

13.
3645d45__880

14.
d588939__880

15.
e546b809__880

16.
finland-77-584e6a6c09364__880

フィンランドでは、「宇宙の屋根はドーム型になっており、天体を支えているのは巨大な木だ」という神話伝承があります。

また、自分の夢や悲しみを語る「分身の木」といった、自分のパートナーである樹木を持つ風習がある地方があるといいます。(出典: 『フィンランド・森の精霊と旅をする』)
植物は感情を持っているという説もありますし、幻想的な風景にぴったりな、不思議な話ですね。

17.
finland-5-584e5cf09720c__880

これらの素晴らしい写真を撮影したのは、ラップランドに住むTinaさん。
元はシェフをされていましたが、写真の情熱が忘れられず、写真家の道へと進んだそうです。

こんなに幻想的な場所に住んでいたら、何枚写真を撮っても飽きないかもしれません。

彼女の写真がもっと見たい方は、こちらのHPへどうぞ。

引用元:不思議NET

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます