【緊急速報】 「カメムシ注意報」@農林水産省 「スタートはダ埼玉です」     隣の東京「ク埼玉じゃん」wW 大量発で地獄絵図・・・

warotter(ワロッター)

埼玉県に「カメムシ注意報」発令。

かめむし

・報告日:2014年6月11日

■報告事項■

埼玉県は、
カメムシ類のチャバネアオカメムシが大量発生しているとして、

10日、「病害虫発生予察注意報」を発令しました。

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
「ダサイタマからクサイタマへ」

カメムシの注意報は2年ぶりだということです。

カメムシは、悪臭を放つことで知られ、嫌われている虫です。

埼玉県農林部農業支援課は

「果樹類を加害するチャバネアオカメムシの発生時期が早く、フェロモントラップへの誘殺数が例年に比べて多くなっています」

「また、果樹類を加害するカメムシ類として、クサギカメムシ、ツヤアオカメムシなどがおり、現地果樹園でも飛来が確認されています」

「早期発見、早期防除に努めましょう」

と呼びかけています。

同課はカメムシ対策として

「園外からのカメムシ類の侵入を防ぐためには多目的防災網や防風網(4mm 以下)の設置が効果的」

「農薬散布を行いましょう」としています。

県病害虫防除所(熊谷市)によると、
4月1日~6月初旬にかけ、殺虫わなによる調査をしたところ、
誘殺数は寄居町のヒノキで平年の3・8倍、久喜市のナシで平年の8・2倍となった。

さらに調査のために設置している「ナシ予察灯」を調べたところ、
春日部市は平年より8日早い5月2日、
上里町では平年より16日早い4月30日にそれぞれ初誘殺を確認した。

今春はカメムシの好むスギやヒノキの花粉によってできる実が少なく、
餌を求めてナシに飛来していることが考えられるという。

防除所は「カメムシに果汁を吸われたナシはくぼみができた状態になり、商品価値が失われる」と話す。

茨城、千葉、栃木県や東京都でも注意報が発令されている。
防除所は「カメムシの侵入を防ぐため、農園を網目の細かい多目的防災網や防風網で覆ったり、
早期発見や早期防除に努めてほしい」と呼び掛けている。
農薬を散布する際には使用基準を守り、カメムシの飛来が多い夕方や活動の鈍い早朝が効果的としている。

かめむし2

@参照元@

http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/38596869.html

http://matome.naver.jp/odai/2140251485381336501

埼玉県に「カメムシ注意報」発令

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます