【衝撃】泣き叫ぶ5歳児の股間にペニスをねじ込み…! 我が子を近親相姦レイプしまくった鬼畜親父ジャストの真実(画像あり)

warotter(ワロッター)

hqdefault

Just, Melvin: Just Evil』

アメリカのユタ州にあるスキーリゾート地パークシティで毎年開催される、インディペンデント映画の祭典「サンダンス映画祭」。2000年、その映画祭で衝撃的な作品が上映された。映画は翌年4月に人気ケーブルテレビ局「HBO」で放送。全米がショックに打ちひしがれることになる。

その映画とは『Just, Melvin: Just Evil』。凄まじい男尊女卑がはびこるアメリカの片田舎で暮らす貧困層の間で、男たちが当然のように行っている「近親相姦」や黙視されている「子どもへの性的虐待強姦」をテーマにしたドキュメンタリー作品である。

Just_02.jpg
プロデューサー 画像は「YouTube」より引用

映画のプロデューサーは、近親相姦が当然のように行われている田舎の貧困家庭出身の母親を持ち、その田舎に遊びに行った5歳の時、伯父から性的虐待を受けた経験を持つ。母親は勉学に励み、なんとか貧困から抜け出せたが、性的虐待のトラウマから自殺未遂を繰り返している。伯母たちは「努力しても報われない」、「生きることは辛いこと」と諦めているため、酒やドラッグに逃げ、ホワイトトラッシュ(白人低所得者層)の最底辺で暮らしている。自殺未遂をしたことも1度や2度では済まない。

ドキュメンタリー映画『Just, Melvin: Just Evil』は、このプロデューサーの母親や伯母たち、幼い我が子をレイプされながらも見て見ぬふりをしてきた祖母、そして近親相姦と幼児性的虐待を繰り返した祖父にインタビューしている。その内容は想像を絶するものだが、アメリカの田舎町で暮らす多くの貧困家庭では共感を呼んだというのだから驚きである。
■ジャストとの再婚、そして悪夢が始まる

『Just, Melvin: Just Evil』は、「7人に1人の割合で子どもが性的虐待を受けている」「加害者の多くは家族であり、警察に通報されることはない」という事実を伝え、「これは一族の物語である」と説明するところからスタートする。

Just_03.jpg
祖母のフェイ 画像は「YouTube」より引用

最初に紹介されるのは、プロデューサーにとって実の祖母にあたるフェイ。彼女は4人の男性と5回結婚し、最初の夫エルマーとの間に、双子の長女次女であるジャンとジーン、長男ジム、プロデューサーの母親アン、と計4人の子どもをもうけた。エルマーは育児に協力的ではなかったそうで、祖母は酒と男に逃げた。酒を飲みに出かけ、引っ掛けた男とカーセックスをしては相手の下着を「戦利品」として家に持ち帰っていたそうで、3人の娘たちは「イヤで仕方なかった」と明かしている。祖母は念入りに化粧するなど、自分の外見に気を使う女性だったが、あまり母親らしくはなかったとのこと。下着すら履かない女性で「家の前で立ったまま放尿していた。見た目はいいけど下品な女だった」と娘たちは証言している。

そんな祖母が2番目に結婚した男こそ、ジャスト・メルヴィン。浮気からの“できちゃった結婚”だった。祖母は「ジャストは優しくて面倒見がよい男だった」と回想しているが、娘アンは「母が再婚した12歳の時から地獄が始まった」と吐き捨てるように言い放ち、「あの男は母を愛しているから結婚したんじゃない。3人の若い娘がいたから結婚したんだ」と断言している。

Just_04.jpg
ジャストと娘 画像は「YouTube」より引用

ジャストはDV男で、「優しい」と回想した祖母でさえも「怒り出すと手がつけられず、私がパンチバッグになった」と明かしている。娘たちも「ジャストが母の長い髪を鷲掴みにして、床を引きずっているのを何度も目撃した。クロゼットに隠れていた私たちに銃口を向けた」「動物虐待もする男だった」と証言している。

祖母は、ジャストとの間にジューンとジェリーという娘をもうけた。この2人は現在、重度のアルコール依存症であり、麻薬を売り生計を立てていた時代もあったというほどの底辺だ。祖母自身もアルコール依存の問題を抱えており、ヨボヨボになり健康状態が悪い今でもアルコールを飲み続けているが、アルコール依存は母親から受け継がれたものではない。実の父親から、幼児期から受け続けて来た性的虐待がトラウマとなり、酒に逃げるようになったのだ。祖母が見て見ぬふりをしたため、「性的虐待を受ける原因は自分にある」と自らを責めるようになり、逃げ出す意欲も失せてしまったのである。2人は実の父親からの性的虐待により、まともな大人になることもできなかったのである。

■母親が寝ている真横で娘を犯す男

ジャストは当初、祖母がいない夜に娘たちを犯した。しかし次第に大胆になり、祖母が横で寝ていても構わず娘たちの体をまさぐるように。娘たちは祖母に訴えたが、「いいから寝なさい」と言われるだけ。祖母はジャストが娘たちに何をしているのか知っていたが、シングルマザーになるのが嫌で何も言えなかった。ジャストもまともな仕事には就かず、一家は生活保護で暮らしていたにも関わらず、だ。祖母はますます酒に逃げるようになった。

Just_09.jpg
アン 画像は「YouTube」より引用

ジャストはまず、祖母の連れ子である女の継子たちを犯した。力づくで犯され、それも1度や2度ではなく、毎日のように誰かが性的虐待を受け続けた。そして実の娘が誕生すると、その娘たちにも性的虐待に及ぶようになった。アンは「ジューンが2歳の時ね。ジャストが性的虐待をしている現場を目撃したわ。2歳よ、まだ赤ん坊みたいなものなのに」と証言。伯父のジムも「妹たちとジャストと4人で出かけたことがあってね。夜になると、後部座席で妹たち相手にジャストがヤッてるんだよ。オレは15歳だった。あ、ヤッてんなと思ったよ」と回想している。

Just_05.jpg
ジム 画像は「YouTube」より引用

現在、この伯父のジムは祖母と一緒に暮らしている。アメリカでは親との同居は一般的ではないが、貧困層では金銭的な問題から一緒に暮らすことが多い。ジムは家事が面倒なため、血が半分つながっている妹のジェリーに、「一緒に住もう、妻のように振る舞え」と提案したことがある。ジェリーは「キモい」と拒否したが、ジムは「なんでイヤなのかわからない」「娘とセックスするのはダメだっていうけど、ヤッてる奴はたくさんいるじゃないか」「オレは半分しか血がつながってない妹とヤッて何が悪いんだ」と真顔で答えている。祖母も「ジェリー次第ね」と言っており、祖母と伯父が、「近親相姦は大した問題ではない」と認識していることを証明している。

ジャストを父親と呼ぶようになり、地獄の日々が始まったアンだったが、IQ160と頭脳明晰だった。そして、学歴をつけることで田舎から抜け出すとともに、貧困からも抜け出せた。しかし、幼児虐待されていた日々がフラッシュバックし、自殺未遂を繰り返すようになってしまった。プロデューサーは「物心ついたときから母の自殺未遂を何度も目撃し、救急車を呼んだ。OD(薬物過剰摂取)、手首を深く切って熱い風呂に入ったり、車で一酸化炭素中毒を図ったこともある」と語り、「もちろん自分にとって、母親の自殺未遂はトラウマだ。ジャストは母だけでなく、孫の世代の自分にまでとてつもなく悪い影響を与えた」と強く非難している。
■足が不自由な5歳児にペニスを……

ジャストと祖母が離婚するきっかけとなったのは、ジャストが突然、近所の女性と結婚すると言い出したからだった。その女性、ヴェニースにはパンビ、デニース、ボビーという幼い娘がいた。そして、ヴェニースは祖母同様、面倒なことは見て見ぬふりをする女性だった。長女パンビは生まれながら足に障害を持っており、軽い知的障害もあると診断されたが、補助器具をつけた彼女の歩行介助をしないばかりか、「知的障害などあり得ない」と放置していた。そんなヴェニースと娘たちにジャストは目をつけたのだ。

Just_10.jpg
パンビ 画像は「YouTube」より引用

パンビの一番古い記録は5歳。ジャストに性的虐待を受けた記憶が最初の記憶だと証言している。足が不自由な5歳のパンビの陰部に、ジャストは勃起したペニスをねじり込もうとした。しかし、パンビはまだ幼女。大人の勃起したペニスがスムーズに入るわけもない。それでもジャストは諦めず、夜な夜なパンビを犯した。ペニスが4分の1入ると、ご褒美として25セント(約25円)、半分は入れば50セント(約50円)、全部入れば1ドル(約100円)を与えた。デニースやボビーも5歳前後で、ジャストから性的虐待を受け始めたと証言している。

ジャストはヴェニースとの夫婦生活も営んでおり、彼女との間にジェニースという実の娘が産まれた。このジェニースにも2歳の頃から性的虐待をするようになった。膣が小さ過ぎる娘に「クレヨンを1本ずつ入れろ。4本まとめて入ったら報告しろよ」と命じていた。行為を始めると、たとえ彼女たちが出血しても、痛いと泣いても、射精するまで決して止めなかった。そして、ヴェニースもそれを止めようとはしなかった。家族の娘全員がジャストとセックスするようになり、幼い彼女たちは「きっとどこの家でもそうなんだ。みんな父親とセックスしているんだ」と自分たちに言い聞かせるようになっていったという。

レイプのみならず、娘たちに売春も強要

Just_11.jpg
ジャンとジーン 画像は「YouTube」より引用

ジャストから性的虐待を受けてきた母親や伯母たちは、口を揃えて「ジャストは悪臭がした。シャワーなんて浴びないし、下着も履かないような不潔な男で、吐き気をもよおした」と証言している。当時の写真がいくつか紹介されているが、ジャストは不潔極まりない男に見える。歯も欠けているし、肌も汚く、服も破れている。肥満体で、この体で娘を幼女の頃から犯してきたのかと思うとぞっとする。

また、ジャストの罪は近親相姦だけではなかった。幼い娘たちに売春までさせていたのだ。場所は、人里離れたごみ捨て場。男から金をもらったジャストは、娘たちに「フェラチオをしろ」「股を広げろ」「満足させないと折檻するぞ」と脅した。行為中の写真まで撮影されたことを、伯母たちは吐き出すように証言している。
■世代を超えて受け継がれる虐待、告発するも……

性的虐待は次の代にも受け継がれ、負の連鎖は止まらないとされる。プロデューサーも子どもの頃、祖母フェイのもとに遊びに行った際、「血は繋がってないけど母親を育ててくれたことがあるから。あんたのじいちゃんだから」とジャストが暮らしている家へと連れていかれ、地下室で伯父から性的虐待を受けた経験がある。当時まだ5歳だった彼は、伯父から硬く勃起したペニスを見せられ「これで色々と遊んでごらん」と命じられたたとのこと。プロデューサーは「当時の自分にとって、勃起したペニスは性的なものではなかった。興味津々だった」と回想する。幼児性的虐待に及ぶ大人は、そういう子どもの好奇心を利用する最低な人間なのだと強調した。

Just_12.jpg
ジューン 画像は「YouTube」より引用

ほぼ全員の娘たちが思春期になっても性的虐待を受けていたが、恥じる気持ちや「ほかの家でもそうだろう」という気持ちもあり、警察には通報しなかった。ただ1人、ジューンだけが未成年の時に1人で警察に行き、性的虐待を受けていると訴えた。しかし、ほかの姉妹は話したがらず、証拠がないとしてジャストが罪に問われることはなかった。

1980年、自殺未遂を繰り返してきた姉妹たちも「もしもジャストが法で罰せられれば、少しは気持ちが楽になるのかもしれない」と考え、被害届を出すことを決意。ジャストは12件の性的虐待で起訴され有罪となったが、結果はたった禁錮13年にしか処されなかった。しかもジャストは、8年で仮出所。家に戻ると、パンビら一部の娘たちを再び虐待し続けた。

ジャストから逃げるように家を出たジェニースは、その後、売春で生計を立てるようになり、薬物依存になった。彼女には現在、クラリッサという娘とフランキーという息子がいる。クラリッサも7歳のときに性的虐待を受けている。このクラリッサも「悪いことをした罰だと思って受けた」「おじいさんジャストとは家族だからまだ会う。許せないけど。家族だし」と明かしている。悲しそうな顔をして。性的虐待の被害にあわなかった息子たちも、毎日のように姉妹が父親に犯される様子を目にしているため、「血の繋がった娘でもムラムラしたらやっていい」「悪いことだけど家庭はそういうことをしてもいい空間」だと思ってしまう。閉鎖的な田舎の性的虐待が行われている家庭は、どこかで止めなければ何世代にも渡って近親相姦や児童性的虐待が繰り返されることになるのだ。

■ソーシャルワーカーを殺害

この田舎町にも「子どもたちが良い環境で暮らして行けるように」とソーシャルワーカーが家々を見回りしていた。1969年、看護師としても働くソーシャルワーカーの女性が、ジャストの家を訪問したという。その時の様子について、伯母たちは次のように証言している。「ジャストは、ムラムラしたらいつでも娘を呼びつけてセックスできるようにと、居間にベッドを置いていた。ある日、居間のベッドで娘の1人を犯している最中にソーシャルワーカーが来て、口論になった。ソーシャルワーカーは“絶対に許さない。子どもたちを守る”と宣言。するとジャストは彼女を罵り、彼女を押し倒して鈍器で殴った」――と。

Just_13.jpg
殺害されたソーシャルワーカー 画像は「YouTube」より引用

この時、鈍器で殴られたソーシャルワーカーは動かなくなった。伯母たちは、ジャストがソーシャルワーカーを殺害する現場を目撃して凍りついた。娘の視線に気づきながら、ジャストは人を殺したのだ。それだけではない。複数の伯母たちが「動かなくなったソーシャルワーカーの陰部に、勃起したペニスを出し入れしていたのが見えた」と証言。「ジャストは悪魔だと思った」と伯母たちは感情のない表情で語っている。

ソーシャルワーカーの遺体は、すぐに発見された。もちろん伯母たちは犯人を知っていたが、当時は何も話さなかったため、ジャストが捕まることはなかった。しかし、自分たちへの性的虐待の罪で刑務所に入れられたジャストが「たった8年」で出所したことを受け、「大昔のことだから」と諦めていた伯母たちはソーシャルワーカー殺人の真実を証言をすることに。ジャストは警察の取り調べを受け、ポリグラフ検査の結果は真っ黒だった。そして警察が逮捕に踏み切ろうとした時、待ったがかかった。なんとジャストが脳卒中で倒れたのである。
■決して罪と向き合わない男

Just_14.jpg
ジャスト 画像は「YouTube」より引用

プロデューサーは、祖父であるジャストに伯母たちの証言をぶつける。車いすに座ったジャストは、「ノー」「ノー」と否定し、「うるせぇ! ちょくしょう、殺すぞ!」と激怒する。孫である彼を「チンコしゃぶり野郎」という信じられない言葉で罵倒する。脳卒中の後遺症で体は不自由だが、食欲は旺盛で口も達者だ。

ドキュメンタリーの終盤、プロデューサーは伯母たちを連れてジャストが入所する老人ホームを訪問する。伯母のボビーは、ジャストのことを「パパ」と呼びハグをする。彼女も性的虐待を受けていたが、「初めてできたボーイフレンドとセックスしたとき、アソコから血がでたの。アタシ、バージンだったんだ。最後まではやられなかった。アタシだけだよ」と語っている。ほかの伯母たちは「そんなことはない、なんどもジャストが幼いボビーの陰部に無理矢理ペニスを挿入してセックスしているのを見た」と証言しているが、彼女は考えないようにすることで逃避しているのかもしれない。当然だが、ボビーはまともな人間関係を築くことができず、夫もいなければ仕事もない。生活保護で暮らしている。

Just_15.jpg
ジャストと伯母たち 画像は「YouTube」より引用

伯母たちの中には、老人ホームに来たものの、ジャストの部屋に入れない者もいた。入った者もボビー以外は顔が強ばっている。ジャストから最後までターゲットにされ、撮影の数年前まで犯されていたというパンビは、ジャストにハグをすると車いすの彼に向かって、「元気そうに歩き回って何よりだこと」「こんないい所に住んでるなんて、いいご身分だね」と憎しみに満ちた表情で言い放った。パンビは、プロデューサーに「数年前の誕生日にね、サプライズがあるよってドライブに誘われたの。信用して行ったら、また裏切られてレイプされた。あっ、1ドルもらったわよ。全部入ったからね」と語っている。

そして、伯母たちが老人ホームを訪問した数カ月後、ジャストは死んだ。結局ソーシャルワーカー殺しの罪を償うことはなく、事件は現在もコールド扱いされている。葬儀は直葬で、牧師がすべて取り仕切る形で行われた。伯母たちは「こんな素晴らしい日はない。あの畜生がこの世からいなくなったんだ」「嬉しい、もうレイプされずにすむ」と騒ぎ、牧師に「慎みなさい」と諭されてもジャストを罵倒し続けた。

■悲劇は今も、どこかで

近親相姦、児童性的虐待についてのドキュメンタリーだとわかった上で観ても、ここまで壮絶な内容だとは思わず、愕然とする人が多いことだろう。しかし、アメリカの貧しい田舎街では、人知れず今現在もこのようなことが当然のように毎日行われているのだ。

「子どもの頃に近親者から性的虐待を受け、それに対するケアを受けなかった者はまともな大人になれないことが多い」とプロデューサーは指摘する。確かに『Just, Melvin: Just Evil』の伯母たちのほとんどが生活保護を受け、小屋やトレーラーに住むホワイトトラッシュだ。そしてプロデューサー自身も、結婚したものの子どもを作る気にはなれないと告白する。性的虐待の苦しみから自殺未遂を繰り返す母親を見て育ったため、まともな家庭が築けないという不安を抱えているのだ。

あまりにも酷い現実だが、映画の冒頭に流れるように、性的虐待の加害者が身内である場合、警察に通報されるケースは少ない。今、この瞬間にも『Just, Melvin: Just Evil』と同様のおぞましい性的虐待が、アメリカのどこかで、人知れず進行しているのである。

 

引用元:トカナ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます