強迫性障害の傾向があるかどうかが分かる話題のテストをご覧ください!

warotter(ワロッター)

fdb5bc38-5b95-43db-8102-d87701c37061_560_420

鍵をかけ忘れた、鍋の火を消し忘れた、電気がつけっぱなしかもしれないと不安になり、確かめに戻ることは誰しも経験があることです。しかし、度合いが過剰になると、それは強迫性障害(OCD)と呼ばれる精神疾患の可能性もあります。これは、無意味でやりすぎとわかっていても行為や思考を自分の意に反して反復してしまうものです。周りに何度も物事を確認してしまったり、手を長時間洗わないと気が済まない、左右対称でないと気が済まないなど、とにかく細かいことが気になって仕方がなくなってしまうことが代表的に知られています。

そんな強迫性障害(OCD)の傾向があるかどうかが分かるというテストをもうお試しになりましたか?もちろん、このテストは病気かどうかを実際に判断するものではありませんが、「細かいことが気になって仕方がない」傾向を確認することができる、とアメリカを中心に話題になっているのです。あなたにもその傾向があるかどうか、早速テストで確認してみましょう!

結果はいかがでしたか?「細かいことが気になって仕方がない」傾向が強い人は、細かいことに気づく人ともいえます。細かいことが気になってしまう性格でも、ちゃんとリラックス方法を知っていて、生活に支障が出るほどの症状がなければ病気の心配はしなくてもよいでしょう。

引用元:イミシン

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます