【救出劇】ビーチにいた男性が口に釣り針が刺さったシュモクザメを救う(動画あり)

warotter(ワロッター)

ある兄弟がフロリダ州デスティンのビーチで傷ついたサメに遭遇しました。波打ち際までサメを引き寄せた2人は、この生物に何が起こったかを知って驚愕しました。

「そのサメの口には数個の大きな海釣り用の釣り針が刺さっていて、鋼鉄製の釣り糸が頭に巻きついていました」兄弟のうち救出の模様を撮影していたほうが説明します。「私の兄は、周りにいた人たちの手を借りて針を取り外しました。そして兄は、サメが暴れて怪我をしたり、周囲の人たちを傷つけたりしないように気をつけながら、無事に泳いでいける少し深いところまでサメを引っ張って行きました。シュモクザメの生態についての知識不足による恐怖からでしょうか、背後では叫び声も聞こえていました。しかしそんな見物人たちも私たちがサメを助けようとしていることに気づくと、すぐに手伝ってくれました」

サメを素手で引っ張ってくるなんて驚異のレスキュー劇ですね!

引用元:いみしん

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます