「俺君だよね、私のことちゃんと憶えてた?」

warotter(ワロッター)

9e843892fe153d65762c06b1c26a08c1

就職して、地元の近くの工場に配属になった。

我が社は営業職でも、自社製品の理解との名目で2,3年現場に配属される。

幸運な事に、実家から車で通える距離なので、大学進学て東京に出て以来戻ることになった。

地元は、車がないと生活ができない、娯楽と買い物はジャスコ(現イオン)しかないという典型的な田舎。

大型書店もジャスコ内にしかなかったので、休日に出かけて行って立ち読みしていると、女に肩たたかれた。

「俺君だよね、私憶えている?」

「高校の時の同じクラスだった、Nさんだよね」(5分くらい考えて、やっと思い出す)

高校の時の同級生で、当時はほとんど話したこともない女だった

 

他の友人たちの話題もしたくなり、フードコートに移動して、じっくり話すことになった。

俺の話になって、2,3年限定で地元に戻ってきたこと、彼女は大学卒業時に別れた事など話した。

Nは、地元の食品会社で事務をしていて、周りが女だけで出会いがないとこぼしていた。

N「東京の女性は、華やかできれい、私は昔から地味で、存在感もないし」

俺「化粧と服装でどうでも変わるよ、Nさんは、整った顔しているのだから、化粧して服装変えたら、素敵になるよ」

N「・・・・」

俺「Nさんの事、高校の時、いいなと思っていたんだよ、告白しようと思ったくらい」

(嘘です、話掛けられるまで忘れてました)

N「嘘ばっかり、私の事憶えてなかったでしょ、告白されたことも交際したこともないし、」

俺「憶えているよ、2学期に斜め後ろの席になった時に、君の事みてたし、

鞄にタヌキのマスコットを付けていたことも憶えている、俺にとって初恋だった」

(Nについて憶えているすべての情報を何とか吐き出す)

3時間くらい、疑似初恋青春話を楽しんで、帰ろうと挨拶すると

N「来週もここに来る? じゃ11時にここで待合せしよ」

別に用事もないので、連絡先を交換し、毎週逢うようになって、自然に交際を始めた。

田舎のデートコースの定番で、ジャスコで買い物に行って、ホテル行ってカラオケするを半年くらい続けた。

交際して半年して、Nの家に行ったら、N妹から

「姉は、化粧もせず、ジーパンしか履かなかったのに、化粧をして、

ワンパースやフリフリのブラウスを着て綺麗になったので、彼氏ができたとすぐわかった」

「俺さんにとって姉が初恋の相手だと知って、俺さんに姉の事を安心して任せられます」

(今更、あれは疑似青春話と言えず、微笑むしかなかった)

高校の時の同窓会でも、女子の中で俺が初恋の相手のNが忘れられずに戻ってきて、Nが告白されたって美談になっていた。

東京に戻る時に、地元で結婚式を挙げて、地元の友人達に祝ってもらった。

3年経った今でも、嫁の実家に行くと初恋同士の幸せな夫婦な扱いになっている。

俺にとっては、居心地がいいし、嫁はきれいで倖せなので、それも有りかと思う。

引用元:神爆笑.com

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます