【カビから守る!】梅雨シーズンを乗り切るための「除湿機」を使わない除湿法

warotter(ワロッター)

images (3)
ジメジメムシムシこもった部屋は湿気で気持ち悪いですよね?

除湿機を使えば湿気はなくなりますが、電気代が心配なところです。

そんなあなたはお金をかけずに除湿する除湿対策をご紹介します。

 

湿気が増えやすい湿度って何度?

発生しやすいのは20~30℃で、特に25℃前後で活発に発生します。
但し30℃以上になると発生は衰え始め36℃以上では発生が殆ど止まります。

ダニやカビは湿度が50%以上で繁殖をはじめ、60%を超すと急激に繁殖を始めます。

湿気の被害は、カビだけじゃない!!

湿気は、ニオイ、カビの原因となるだけでなく、
腐朽・結露・害虫など、湿気の被害は意外に多いものです。

湿気を放っておくと、台所や浴室、押入れ、畳などの風通しの悪い場所や
サッシに結露が生じやすくなります。

結露を放置しておくとカビが発生しやすくなり、カビを餌にするダニの発生や繁殖につながります。
特に壁の中や床下などで結露が起きると、カビのほかに木を腐らせる木材腐朽(ふきゅう)菌が発生します。

この腐朽菌が家を支える構造材を腐食し、家本体が危険な状態になります。

「たかが湿気」と放っておくと、家の倒壊にもつながるので、要注意です。

除湿機に頼らない除湿対策

◆新聞紙を使う

20120407182746_4f800892bb8fa

新聞紙を平らなまま使うのではなく、くしゃっとしわをつければ表面積が広くなり、
湿気を吸いやすくなります

吸湿してパリパリ感がなくなるため、適宜乾燥済みの新聞紙と入替え、
乾燥させれば再利用が可能です。

物干し竿の周辺に丸めた新聞紙を置いておくと
新聞紙が洗濯物から出た湿気を吸ってくれます

また、靴に新聞紙をいれて除湿も可能です。

雨の日などは、湿気を含んだままの新聞紙を靴の中に入れておいたままにすると
カビの元になってしまいますので、新聞紙を使うならマメな交換が必須です。

◆粉洗剤を使う

洗剤のふたの端を少し切り取って押入の奥や洋服ダンスの中に入れておきます。
素敵な香りを漂わせながら驚くほど、湿気を吸収してくれます。

洗剤は固まりますが、効果 は変わりません。

◆重曹を使う

台所の流しの下、靴箱、押入れやクローゼットの中などに少しだけ容器に入れて置くと湿気を取ってくれます。

◆お菓子の乾燥剤

images (1)

お菓子や乾物類に入っている乾燥剤を梅雨時までにためておきます。
それを使用済みソックス型パンストにいくつかづつ入れ口を縛ります。

押入れ・台所流し下の棚・靴箱に入れておくと湿気は結構防げます

◆コーヒーかすを使う

___434

コーヒーかすを乾かして、食器棚の中や、下駄箱に入れています。
梅雨時に気になるニオイや湿気を防止出来ます。

◆発砲スチロール

湿気に強い発砲スチロールを押入れのスノコ代わりに敷きつめると、湿気を吸収するのに最善

押入れにカビが生えてしまうと、カビは胞子をつくり密室の押入れ全体に胞子をばらまきます。
そこに、湿気のある布団をいれてしまっては、カビが繁殖してしまいます。

押入れの換気はしづらいですが、できるだけ空気の通り道をつくるように心がけましょう。

◆換気する

窓を開ける場合、部屋の真ん中を風が通り抜けるように、
対角にある窓同士を開けるのがポイントです。

つまり、入ってきた風を室内にためずに逃がします。
できれば1時間に1回、5分程度の換気ができると効果的です。

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます