ここが変だよ日本人?外国人がビックリした日本の「事実」18選

warotter(ワロッター)

海外のサイトで「日出づる国の驚くべき事実」という記事が話題になっています。

 

日本人からすると至極当然の事でも、海外の人からするととんでもな事も多くあります。

 

これをみるとそんな海外の人が日本のどんな事に注目してるかがわかりますよ。

 

1.日本では、1997年にアニメ「ポケモン」のあるエピソードが放送された後に、685人の子どもが目まい、吐き気、発作を訴えて病院に搬送された。

 

2.日本では仕事中に寝てしまっても許される。一生懸命働いて疲れてしまったからこそ眠くなると、信じられているからである。

 

3.日本では100歳以上が5万人以上いる。

 

4.日本は毎年1500以上の地震がある。

 

5.日本の電車は世界で最も時間を厳守する交通機関の一つ。平均の遅延時間はわずか18秒。

 

6.日本とロシアは未だに第二次世界大戦を終わらせる為の平和条約に署名していない。原因は北方領土を巡る問題。

 

7.日本と韓国には、「ネコカフェ」というネコと触れ合える喫茶店がある。

 

8. 日本における養子縁組の98%は、大人の男性が行うもの。婿養子になって家業を引き継ぎ、家族経営を維持するのが目的。

 

9.日本では深夜以降に踊ることは違法。

 

10.日本では9割の携帯電話は水をかけても大丈夫。なぜなら日本の若者は、シャワーの時にも携帯を使っているから。

 

11.タイタニック沈没の際に生き残った日本人は、他の客と死ななかったことから日本では「卑怯者」と蔑まれた。

 

12.日本では正方形のスイカが作られている。丸いスイカと比べ、積み重ねたり、収納が簡単だからというのが理由。

 

13.日本には6800の島がある。

 

14.日本では銃による殺人事件が年間2件しかない。

 

15.日本では先生と生徒が一緒に教室や食堂の清掃を行う

 

16.世界で現存する最古の会社は、日本の会社で西暦578年から2006年まで続いた。

 

17.日本には552万の自動販売機がある

 

18.日本には子どもよりもペットの方が数が多い

 

 

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます