【衝撃】ポケモンGO!最速で全モンスターをゲットした男性が明かした『プレイする上でのコツ』色々「レアなポケモンの見つけ方」など

warotter(ワロッター)
The augmented reality mobile game "Pokemon Go" by Nintendo is shown on a smartphone screen in this photo illustration taken in Palm Springs, California U.S. July 11, 2016. REUTERS/Sam Mircovich/Illustration

The augmented reality mobile game “Pokemon Go” by Nintendo is shown on a smartphone screen in this photo illustration taken in Palm Springs, California U.S. July 11, 2016. REUTERS/Sam Mircovich/Illustration

2016年7月22日現在、アメリカでゲットできる『ポケモンGO』のモンスターは142匹存在すると報じられている。そしてこの度、アメリカ最速で142匹全部をゲットしてしまった人物が登場したというではないか!

そこで今回は、彼が明かした「モンスターをゲットするコツ」などをお伝えしちゃうぞ!! 名人様のありがたきお言葉に耳を傾けよう。

・全モンスターをゲットした男

海外サイト Reddit のユーザーネーム ftb_hodor さん(本名ニック・ジョンソンさん)。142匹のポケモンを捕まえたことで Reddit 上で注目を集めている。そんな彼は、メディア Business Insider に “アメリカで最も速く142匹のポケモンをゲットした男” として登場。『ポケモンGO』をプレイする上でのアドバイスをいくつか語った。

コツその1:良い靴を履こう!

まず1つ目のアドバイスは、「良い靴を履くこと」。仕事が終わると毎日約13キロも歩いては、ポケモンゲットに奔走したという彼は、「ゆっくり歩くよりも、ジョギングペースの方が効率が良い」と語っていた。たくさん歩いたり走ったりするには、良い靴が必要なのだ。

コツその2:課金するなら「ふかそうち」

またジョンソンさんは、課金するなら「ふかそうち」とも助言していた。最もコスパが高いからだという。

コツその3:実際に人と会う

実際に人に会うことも大切なんだとか。「特別なポケモンがどこにいるかなど、仲間に聞かないと分からないからね。みんな快く教えてくれるよ」。

例えば、珍しい「ミニリュウ」がなかなかゲットできなかったジョンソンさん。しかし路上で見知らぬプレイヤーと話していたら、「ミニリュウ」が発見できる秘密の場所を教えてもらえたのだとか。またネット上のコミュニティでも情報を仕入れることは可能な模様。

たしかにロケットニュース24のP.K.サンジュン記者も、SNSのフォロワーさんから「ピカチュウ」がたくさんいる場所を教えてもらっていた

コツその4:スマホ2台使いで、ポケモンを逃さない

「スマホ2台使い」だと、さらに効率よくポケモンがゲット出来るそう。ジョンソンさんの恋人も『ポケモンGO』をプレイしているが、彼ほど熱心ではない。そこでジョンソンさんは、夜中などに彼女のスマホを借りてポケモンを探しに出かけていたそう。「ジムでバトルしているときなど、もう1台はレーダーに使うんだ」とのことだ。

コツその5:レアなポケモンがいる場所は?

『ポケモンGO』は陣取りゲーム『Ingress』がベースにされていると言われている。『Ingress』のスクリーンに映る “XM” と呼ばれる光の粒が、『ポケモンGO』をプレイする上でとても役に立つのだとか。なんと XM が多い所には、レアなポケモンがいる可能性が高いというのである! このコツを使わない手はないぞ!!

1

・ネットユーザーからの質問色々「僕は143匹捕まえていますが?」など

また『Reddit』上でも、色々な人から質問が寄せられていたぞ! 以下でその一部を見てみたい。

Q1:あの〜。僕は143匹のポケモンを捕まえていて、あなたよりも多いのですが?

A1:ポケモンは150匹存在するけど、内5匹はまだ登場していないんだ。他の3匹もアメリカでは手に入らない “地域限定” だからね。

Q2:どうやったらそんなに多くゲットできるんですか? 特別なことでもしたんですか?

A2:特別なことはしていないよ。でも睡眠はかなり削ったかな。

Q3:どのモンスターを最後にゲットしましたか?

A3:オムスターに進化させるために、オムナイトを見つける必要があった。

Q4:このゲームって結構不公平な気がします。だってウチの地元にはそんなにモンスターがいないし、隣の街に行くまでに車で5時間かかる。どう思いますか?

A4:たしかにそうだね。ゲーム会社は、各地域のポケモンをもっと充実させる必要があると思う。街の外にもポケモンがいるともっと素晴らしいのに。

Q5:見つけるのが難しかったモンスターは何ですか?

A5:ミニリュウ。カイリューの巣を見つけることが出来たら、その近くにいることが多いよ。

Q6:何か思い出深い出来事はありましたか?

A6:レーダーにポリゴンが映っていたんだけど、なかなか見つからなかった。だからウーバーをチャーターして、その周辺をグルグル走って探しまくったよ。

Q7:手持ちのモンスターで1番強いのは何ですか?

A7:カイリューで CP2619。でも動きが良くないんだよね。ベストなのはカビゴンだ。
注:CPとは、総合的な強さを示す数値で Combat Point の略。

Q8:ポケモンを全部捕まえるために何が必要でしたか?

A8:カフェイン。

Q9:効率の良いレベル上げの方法は?

A9:たくさんポッポ、ビードル、キャタピーを捕まえて、ラッキーエッグで進化させるんだ。

Q10:プレイは楽しかったですか? まだまだ楽しむつもりですか?

A10:楽しかったよ。色々な人にも出会えたしね。まだ遊ぶつもりだけど、ちょっとペースは緩めるつもりだ。

Q11:ジムにはいかないんですか?

A11:都会のジムはあまり意味のない場所なんだ。人気エリアのジムでは防衛は不可能だし、数分離れただけですぐに誰かに乗っ取られるからね。

以上が、全米最速でポケモンをゲットした男性の言葉だ。ちなみに彼はレベル31で、153キロほど歩いたそう。さて日本では誰が “最速” で『ポケモンGO』のモンスターをコンプリートするのだろうか?

引用元:rocketnews24

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます