寝てる隙にLINEをのぞき見するのは犯罪か?

warotter(ワロッター)

01

あなたはパートナーの携帯電話をこっそりのぞき見した事ありませんか?

勝手に人の携帯電話、特にメールやLINEでのやりとりを見る行為について、

法律的にはどのような問題があるんでしょうか?

◆信書開封罪にはあたらない

まず、「信書開封罪」(刑法133条)という罪がありますが、

この罪は「封をしてある」ことが要件となっており、電子的なやりとりにおいて「封」というのが観念できないので、勝手に開封してもこの罪にあたりません。

では、端末自体にパスワードなどでロックをかけている場合はどうなのでしょうか。

この場合も「信書に」に封をしてあるとは言えず、封をするというのは電磁的な方法を含まないので(含む場合には、原則としてその旨の規定が必要になります。)

やはりこの罪は成立しないことになります。

 

◆不正アクセス禁止法にもあたらない

しかし、端末を勝手に操作することは不正アクセスといえるようにも思えますが、この点はどうでしょうか。

不正アクセス禁止法が予定しているのは、他人のパスワードを用いて他人のサーバーに勝手にアクセスする行為ですが、

この行為はインターネット回線を通じて行われるものに限られます。

そのため、端末を手に取って勝手に操作することは、不正アクセスとは言えないので不正アクセス禁止法に抵触するということもありません。

ただし、端末からインターネットを利用し、パスワードが必要なウェブサイトにアクセスし、

他人のパスワードを入力して情報を見ることは、不正アクセスに当たりえます。

 

◆プライバシー侵害として慰謝料の請求は可能

このように犯罪にはなかなかなりにくいですが、勝手に見られたら不快なことは間違いないでしょう。

そのため、プライバシー侵害を理由に損害賠償(慰謝料)を請求することは一応可能です。

ただし、個人的に見ただけであれば慰謝料は低額にとどまると思われ、勝手に見られたということはなかなか立証が難しいですが。

 

犯罪にはなりませんが、モラルに反する行動です。

勝手に見てる事がバレたら信頼関係も崩れ、いいことはありませんから注意しましょうね。

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます