【恐怖】触っちゃダメ!この時期、実に恐ろしい「やけど虫」の怖さと対処方法(画像あり)

warotter(ワロッター)

20100217-1_R

みなさんは『やけど虫』をご存知でしょうか?
正式にはアオバアリガタハネカクシという名前なのですが実はとても怖~い虫なんです。

171575-1

 

 

6月から8月のむし暑い時期に多く見られるやけど虫。
その体内には「ペデリン」という有毒物質を持っており、手で払いのけただけで体液が皮膚に付着し、炎症を引き起こします。

もしも刺されてしまったらどうなるのか、実際の写真を見てみましょう。

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見る

やけど虫
これに触ると火傷みたいな症状になります
夏しか出ないけどまだいるかもだから気をつけて

😡やけど虫😡
夏場多く出没。
こいつが出す体液を触ると火傷の跡みたいになる。
ヒリヒリして痛い。
どこにでも生息している。
⚠️気を付けてください⚠️

Twitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見るTwitterで画像を見る

去年のやけど虫の跡、けっこー消えかけてるけど全然残ってる、皆さん夏の草むらには注意(´>؂∂`)♡♡

 

 

【やけど虫に刺されてしまうと

皮膚が発赤したり水疱ができたりまるでやけどのような痕ができてしまいます。
また、眼に入ってしまうと最悪の場合には失明してしまうこともあるんだそうです。

では、もしもやけど虫に遭遇してしまった場合、どうすればよいのでしょうか・・?

 

 

 

【やけど虫に遭遇したら】

被害に遭わないためにまず何よりも大切なのは、蚊のように叩かないことです。

「やけど虫」は体液に毒を持っているため、素手で触らないよう払いのけるか、スプレーを使って殺虫しましょう。

171575-2

 

 

また、死骸にも毒はありますので、くれぐれも触れてしまわないよう注意してください。

屋内への侵入を防ぐには、市販のエアゾール剤またはスプレーを吹き付けておくと効果的だそうです。

 

 

 

【もしも刺されてしまったときは

万が一、やけど虫や体液に触れてしまった場合はすぐに水でよく洗浄します。
その後ステロイド軟膏を塗ったらしっかり冷やし、早めに病院を受診しましょう。

171575-3

 

 

刺されたまま放置していると治癒するのに2週間以上掛かかるとも言われていますので、早めの処置をおすすめします。

引用元:四葉のclover

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます