「ホテルに泊まったけど、この案内をいくら見ても219号室がどこかわからない…」(画像あり)

warotter(ワロッター)

be540ecc

とある海外の夫婦がホテルに泊まり、「219」のキーを受け取ったそうです。

さっそく2階に来て219号室がどこにあるか、案内表示を見たところ……。

あれ? ないですよね「219」。

「219号室はどこ?」01
夫婦は219号室が見つからず、数分じっと見つめていたそうです。

でもこのフロア案内をどんなに見つめても、進むべき方向に219は含まれていません。

ところが……。

「219号室はどこ?」02
隣にあった!!

近すぎてわからなかったのですね。

どおりで案内表示にないはず。灯台下暗しとはこのことを言うのでしょう。

海外掲示板のコメントご紹介します。

●自分も写真を見てしばらく219がどこか探したよ。みんなバカなんだ。

↑「218のものだけど、みんな部屋の前でがやがやするの止めてくれる? もう寝たいんだ」

↑「217のものだけど、とても孤独なので遊びにきて」

●これはサインのほうがバカなんだ。219を含めるべき。

↑修正しておいた。
「219号室はどこ?」03

↑219がいくつもあるの?

●新規の宿泊客だったら、どの方向に行けばいいのか先に知っておかなければいけない。

↑こういう風に並べるべき。
200 – 207→
←208 – 216
217 – 218→
219 – 221
あるいは部屋のナンバーを替えるべき。

●一晩中、部屋を探したが見つからない。

●ハリーポッター・スタイルで、直に壁に突入しなければいけない。

↑ルーム219 3/4。

表示にルームナンバーがないだけで掲示板は盛り上がっていました。

酔っぱらっていたら、部屋がいつまでたっても見つかりそうにないですね。

引用元:らばQ

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます