【感動】チンパンジーはこの女性がしたことを忘れなかった。彼らは18年を経て再会した。(画像・動画あり)

warotter(ワロッター)

a8cf59bd26d453075558ff4cfca9038e-800x398

環境活動家のリンダ・コーブナーは、これまでずっと地球上の動物保護活動に従事してきました。 このアメリカ人女性は学生だった頃、当時まだ23歳という若さで、動物実験場で一生を過ごしてきた6匹のチンパンジーを解放するという革新的なプロジェクトを率いていました。

Youtube/ argofilms

当時は、実験に使われなくなった動物は殺してしまうのが慣例でした。コーブナーは、チンパンジーが屋外の広大な保護区域で暮らし、少しでも尊厳を取り戻せるように懸命に活動しました。

このチンパンジーたちは、生まれた時にすでに捕らわれた状態にあり、幼いころを檻の中で過ごしてきたため、残念ながら自然に返すという選択肢はありませんでした。あるメスの場合は、定期的な治療も必要としていました。それでも、チンパンジーが怯えながらも初めて新鮮な草の匂いを嗅ぎ、自由に動けるようになったのを見たとき、リンダの胸には喜びがこみ上げできたのでした。

Youtube/ argofilms

リンダは毎日、病気のチンパンジーに餌をあげ、この毛むくじゃらな友人たちが檻の外での生活に慣れるよう、一緒にたくさんの時間を過ごしました。

Youtube/ argofilms

しかし別れの時はやってきました。チンパンジーは生きる術をできるだけ自分たちで習得しなければならなかったためです。リンダにとっては非常に辛いことでしたが、彼らの元を去り大学に戻りました。彼女が始めたこのプロジェクトは、大きな成功を収めました。その後、チンパンジーは繁殖し、1つの大家族を形成、実験場での捕らわれの状態からの回復を助け合うようになったのです。

Youtube/ argofilms

約18年後、リンダはこのチンパンジーたちを訪ねました。彼女が助け出した6匹のうち、2匹はまだ生きていました。しかしその再会は、かつてのかわいい友人たちが今はもう力強いあごと鋭い歯を持つ野生の生き物だということを十分に理解した上でのものでした。リンダはこの美しく、愛情深い動物のことを片時も忘れたことはありませんでしたが、ドールとスイングというこの2匹のチンパンジーが自分のことを覚えているとは思っていませんでした。

Youtube/ argofilms

リンダは、保護区域の境界にある小川に近づくと、チンパンジーが挨拶に使う声を発しました。

Youtube/ argofilms

リンダはすぐにドールとスイングを見つけ、2匹も水辺の反対側に立っている人間に気づきました。リンダがボートに乗って近づくと、2匹のチンパンジーは彼女に駆け寄ってきました。

Youtube/ argofilms

「覚えているの?」リンダは向こう岸に近づきながら彼女たちに問いかけます。すると思いがけないことが起こったのです。チンパンジーは指を伸ばし、リンダを引き寄せて抱きしめたのです。

Youtube/ argofilms

ドールとスイングは、自分たちが抱きしめているこの女性が、何年も前に自分たちを助け出してくれた人だとちゃんとわかっていました。彼女たちは見知らぬ人にこんな風に振舞ったりしません。

Youtube/ argofilms

リンダは言葉に詰まりました。約20年が過ぎても、リンダとチンパンジーの関係は何も変わっていなかったのです。

Youtube/ argofilms

ドールとスイングは話すことができなくでも、リンダに深い愛情を抱いているのは明らかでした。

Youtube/ argofilms

どんなに長い間離れていても、これからもリンダは彼女たちの家族の一員です。リンダは旧友との再開に感極まり、お互いの関係をここまで築くことができたことに心から感動しました。その再開の様子は、こちらの動画をご覧下さい:

リンダはいつも、自分のこれまでの活動がこの動物たちに変化をもたらしてきたことを知っていました。人間の手により苦しめられてきたこの2匹のチンパンジーが、それでもリンダを信頼できるというのは、素晴らしい希望の証ではないでしょうか。

引用元:イミシン

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます