【悲劇】コレを見ると、もう二度とカーニバルを同じ目で見れなくなる。冷たい現実・・・・

warotter(ワロッター)

maxresdefault

これらの羽根は南アフリカ、中国、インドなどの国からブラジルに輸出されます。なんとカーニバルのため、ブラジルは世界でも一番大きな羽根の輸入国の一つです。

Direitos dos Animais

羽根は実際どのように鳥から取られるのでしょうか。首と足を固定し、羽根をむしり取ります。もちろん痛みを伴いますが、その後直射日光が地肌に当たって肌を痛め、傷口から化膿したりします。ダチョウの寿命は40年位ですが、これが毎年繰り返されます。もちろん鳥の痛みなどは気にせずに行われます。なぜなら鳥の羽根は大きな収入源になるからです。例えばキジの羽根は1本で100レアル(約3000円)もの値段で売られるからです。

一部のブラジル人がこれに気づき、Change.orgで署名運動を始めました。カーニバルでの鳥から取られた羽根の使用を禁止しようとの動きです。

署名数の目標に達したら、リオデジャネイロとサンパウロのカーニバルの協会の会長にそれが送られます。この文章には、カーニバル参加者に羽根の生産がどのようにして行われているかを知らせるだけでなく、鳥から取られた本物の羽根の代わりに、人工の羽根で代用することを促しています。

Occupy for Animals

署名運動の文章

「私たちは動物が無意味に苦しんでいると思います。ヒトが肌で体を守るのと同じように、動物も毛や羽根で体の必要な部分を覆っているからです。もしヒトが他の動物から尊厳を受けたいのならば、まず立場の弱く自分を守れない動物を、ヒトの残忍さから守ることが必要です。私たちは動物の権利の守護者なので、彼らの苦難に敏感です。

人によっては、これは何の問題もないかもしれません。しかし私たちはそれでも問題があると思います。なぜなら痛み、苦しみ、搾取がある場合、人間としての意識が欠けていると思うからです。動物をむやみに利用することをやめ、彼らを自然に戻す時期に来ていると思います。もし私たちが平安を望むなら、私たちから他の存在を尊重するべきです。

本物の羽根を人工の羽根で代用してください。痛みがなく、搾取もなく、倫理にかなっており、楽しいカーニバルになります。協会はエコロジー、リサイクリングなどの関係する事項で公の利益を受けることができます。だからこそ人工の羽根を使うことは、全世界の注目するショーとして大きな一歩となります。」

Occupy for Animais

あのきらびやかなコスチュームは毎年新しく作っていたんですね。主催者側の意見も聞いてみたいです。皆さんの意見はいかがですか?

引用元:イミシン

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます