女性のお腹が出産後に再び膨らみ始めた。開けられた瞬間、医者たちがカメラを構えた(動画あり)

warotter(ワロッター)
safe_image

ロシア・サンクトペテルブルグに暮らすユリア・セリーナは34歳の母親です。ユリアが2人目を妊娠したことが分かると家族は大喜びしました。 それから9か月後、息子のディマを無事出産しました。

Человеческие аномалии

ユリアは自然分娩を希望していましたが、胎児の頭の向きがあまり良くなかったため、帝王切開を勧めた医師に従いました。この決断が自分の命を危険にさらすことになるなんて、ユリアは知る由もありませんでした。

Youtube

ディマは元気に生まれてきました。しかし数日経ってもユリアの具合は良くならず、そればかりかどんどん悪くなっていったのです。「お腹が妊娠9か月の時よりも膨れていた。少し動くだけでも激痛が走って、立ち上がることもできなくなって。あまりにも痛くて、叫びたかった」その後ユリアの容態はさらに悪化。しかし医師たちは帝王切開後の通常の反応だと言うばかりで、ユリアの訴えを聞き入れてはくれませんでした。

Youtube

激しい痛みにもがき苦しむユリアは、やがて発熱し、徐々に体力も失っていきました。このままでは子どもたちの世話もできない、このまま側にいてあげることだってできなくなってしまったら…。恐怖と心配で一杯でした。出産から24日が経ち、とうとう危機を感じた母親はある決断をします。誰も助けてくれないのであれば自分の力でどうにかするしかない。「この病院の医師たちがどうにかしてくれるのを待っていたら、死んでしまうと思った。子どもたちが母親を亡くしてしまうかもしれないと思った」ユリアは、別の病院への搬送を希望したのです。搬送先の病院に到着後、すぐに検査が行なわれました。そしてユリアの腹部に、大量の液体と大きな異物が発見されたのです。

Youtube

緊急手術が行なわれました。5時間の手術でユリアの子宮内から取り出されたのは、2.5リットルの膿み、そして…手術用のシートでした。帝王切開で息子が取り出された時、この大きなシートがユリアの体内に取り残されていたのです。あまりにも驚いた医師たちは、将来証拠として使われる可能性も考慮し、そのORシートの写真を撮りました。

Конт

彼女の命を救った手術から目覚めたユリアは、その写真を見て驚愕しました。そして自分の下した決断は正しかったと確信しました。信用して命を預けたはずの病院、そして医師たちの無責任さに怒りがこみ上げてきたといいます。

Youtube

このとんでもない状況にもかかわらず、ユリアは医師たちを許したいと考えていました。「今でも許したいと思っている。でも家族が私を永遠に失っていたかもしれないと考えると複雑。一番正しい方法で解決したい」現在は弁護士を雇い、医療ミスを行なった病院相手に訴訟を起こす準備を整えているところです。家族の願いは、他の女性に2度と同じことが起こらないこと。ユリアにとって一番大切なのは、自分が生きていること、そして子どもたちが健康で幸せなことだといいます。

Youtube

ユリアの経験したありえない医療ミス。病院側の対応にも、怒りを感じずにはいられません。もしユリアが病院を移ることを決めていなければ結果は違っていたかもしれません。助かってよかった。あなたもユリアの話に驚いたなら、シェアしてください。新しい命を迎える素晴らしい日が悪夢とならないよう、医療ミスの根絶を願います。

引用元:イミシン

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます