【画像あり】「僕といつも一緒だった3DSと会えない覚悟をしたいと思います。」3DSを水没させてしまった8歳の男の子の手紙が胸にグッとくる!

warotter(ワロッター)
safe_image

 

大切な3DSを水没させてしまった8歳の息子さん。お父さんが「自分で任天堂に問い合わせなさい」と伝えたところ、自分でカスタマーセンターに電話をし、修理の手続きをしたのだそうです。

そんなやり取りを「8歳男児の失態」という見出しでTwitterに投稿したところ、多くの反響があり話題になっているのでご紹介したいと思います。

大切な3DSを水没させてしまった8歳の息子さん。お父さんが「自分で任天堂に問い合わせなさい」と伝えたところ、自分でカスタマーセンターに電話をし、修理の手続きをしたのだそうです。 そんなやり取りを「8歳男児の失態」という見出しでTwitterに投稿したところ、多くの反響があり話題になっているのでご紹介したいと思います。   そしてこのエピソードで注目すべきところは、息子さんが子供らしい字で書いた、胸にぐっとくる手紙。  

このツイートを見た人々からは、「こうしたら水筒から水が漏れても安心ですよ」というアドバイスや、励ましの言葉が投稿主さんに届きました。

 

    その中には、「なぜ任天堂に謝罪の手紙を書くの?」というものも。それに対し、投稿主さんはこのように答えています。  

 

    息子さんにとって3DSは、やっと手に入れた宝物。それを作った任天堂はいわば神様みたいな存在。憧れの結晶を壊してしまったことに対して、自然と「ごめんなさい」と表現するところに、お父さんは深い愛を感じたと綴っています。  

 

 

 

3DSが無事に元通りになるかはまだわかりません。セーブデータが消えてしまうかも…と知った息子さんは号泣してしまったのだとか。

 

任天堂が見事修理してくれることを願いたいですね。もし、大事なデータが消えてしまう哀しい結果になったとしても、この男の子はそれを貴重な体験として、成長してくれるでしょう。


【引用元】
https://twitter.com/illil_/
https://twitter.com/middle_tail/
https://twitter.com/serina0812/
https://twitter.com/WHITEWINTERZ/

引用元:四葉のCLOVER

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます