ネタ話として使える有名ブランドの豆知識【11選】「マクドナルドが販売した最初のメニューは〇〇」「スタバのテーブルが丸い理由は?」など

warotter(ワロッター)

マクドナルド、Google、Facebook、コカ・コーラ、Apple製品、スタバなどは、今や世界中で利用されています。

そんな有名ブランドにまつわる豆知識11選が、海外サイトで取り上げられていたので、ご紹介しようと思います。

ネタ話として使えること間違えなし!!

4415454232534-41204

①「マクドナルド」の最初のメニューはホットドッグ

ご存知でしたか??ハンバーガーではなくホットドッグだった。

「Google」は最初はGoogle ではなかった

Googleは最初、「Backrub」と呼ばれていた。

Googleは、10の100乗を表す「googol」 をもじったもの。これは「無限にあるWEB 上のソースを体系化する」という意味が込められているようだ。

③「Facebook」のブルーカラーには創業者の事情

Facebookの創業者のマーク・ザッカーバーグ氏が色覚異常で緑と赤を認識しにくかったため、青を基調としたデザインになった。

④「コカ・コーラ」のロゴは世界中どこの国でも超有名

コカ・コーラのロゴは、世界中の人々の94%に認知されている。

⑤「iPad」のディスプレイはApple 製ではない

iPad Retina のディスプレイは、韓国メーカーのサムスン製。

⑥「スターバックス」が丸いテーブルにこだわる理由

スターバックスコーヒーのテーブルが丸いのには、「お客さんが寂しさを感じないように」という店側の意図が込められていたのだ。

⑦日本以上に、ヨーロッパで大人気の「IKEA」

ヨーロッパでは10人に1人が、IKEA のベッドを使用している。

⑧「ウォールマート」はアメリカで超メジャーなディスカウントショップ

アメリカ人口の1/3が、毎週ウォールマートを利用する。

⑨「ウォールマート」の生み出す巨大な利益

世界最大のディスカウントチェーン「ウォールマート」は、1時間につき平均して約185億円の利益をあげている。

⑩Siri に話した内容は「Apple」に筒抜けである

スマホなどのiOS 端末に搭載されている「Siri」。そこに話しかけた言葉は、全てApple に送られて分析されるとともに、データとして蓄積されている。

⑪「DASANI」ブランドの水は天然水じゃない

ウォーターブランド「DASANI」の飲料水は、水道水を浄化して作られているのである。

 

驚くことばかりだったのではないでようか?

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます