【障害者の性】タブー視されるセックスボランティアの真相と体験談

warotter(ワロッター)

125896873008416302503

ここ最近、夕方のニュースや小説や映画の題材として、「セックスボランティア」・「セックスワーカー」という言葉が話題になりましたよね。
それは主に小説や映画の中での話でしたが、セックスボランティアとは実際にも行われているものなのでしょうか。また、どの様にして行われているものなのでしょうか。

セックスボランティア=身体・知的障害者への性行為の介助

セックスボランティアとは、身体または知的障害を持っているのが原因で、セックス(性行為)の機会を得るのが極端に少ないか、セックスあるいは自慰行為を行うこと自体が物理的・肉体的に困難な人々に対し、性行為の介助(介護)を行う人を指します。

ただし、あくまでも「射精の手助け」をするボランティア

性行為の介助と聞くと、どうしても「SEX」という言葉を想像しがちですが、セックスボランティアは障害者とセックスをする意味ではありません。
そういった風俗業という意味合いではなく、あくまでも「射精の介助」という名目の介護ボランティアであるケースが多いのです。
具体的に射精介助は、ヘルパーが重度の身体・知的障害者の自宅などを訪ね、介護用手袋をした手で性器を綺麗に洗浄。その後、手で刺激して射精に導くといった流れになりますので、この点からも性行為とはいえ一概にSEXを行うものだけではないのです。

セックスボランティアの仕事内容は多岐に渡る

日本におけるセックスボランティアの仕事内容は、主に身体障害者の自慰の介助から、風俗店に行く際の予約の代行と店に行くまでの介助。
そして、知的障害者に対して感染症予防や避妊の指導をするといった活動も含まれます。
なお射精介助と違い自慰の介助の場合は、自慰用具の選定や代行購入、手への自慰用具の固定に仕事内容は留まり、自慰そのものへの介助は行わないのが一般的です。

女性が派遣されるため現状では風俗営業の許可が必要

とはいえ、障害者の気持ちを考慮してヘルパーの多くは女性が派遣されるため、現状では風俗営業の許可が必要となっており、まだまだ社会的認知が浸透していない現代社会では一般との認識に差があるようです。
ただし、ヘルパー側は性の処理を「あくまで介護」の一環的な位置づけとして捉えている人が多く、今後はこの点をどう埋めていくかが、問題のひとつかも知れません。

セックスボランティアを利用する障害者の実体験談と現実を描いた映画を紹介

では次に、実際にセックスボランティアに性行為の介助をお願いしている、障害者とセックスの現状を語った実体験談と、その反対にいる代行者の立場から見たセックスボランティアの現実を描いた映画を紹介します。

Japan 217878 640

セックスボランティアによるセラピーがテーマの映画「セッションズ」

障害者であるマーク・オブライエンは、子供時代に患ったポリオが元で首から下を動かすことができない36歳の男性。
呼吸も人工肺を使用していたが、ポータブル呼吸器を使用し4時間ほどは外出も可能です。
そんなマークの最近の悩みは、身体を拭いてもらいながら元気になってしまうこと。
そこで彼は童貞を捨てると決心し神父に相談し、セックスボランティアによるセラピーを受けることになります。
ジャーナリストであり詩人のマーク・オブライエン氏の経験を描く実話ベースの作品で、セックスボランティアや障害者とセックスや性行為の関係を描いた映画です。

障害者とセックスの現状を語った実体験談

これは、とあるサイトが障害者とセックスの関係を、実際に障害者の方から聞いた内容です。

■性処理の方法は?
「相当な勇気が必要で、関係性も崩れるのが怖いのですが、自分は介護の人に頼むので一人で何とかなります。ただしそれが難しい場合、障害者の男性同士で手や口で処理している人もいます。結果として、ゲイになる人もいますね。」

■障害のレベルが重い人は?
「障害のレベルが重くなる=自宅療養になるので、身の回りの世話は必然的に親族になります。そうしたケースでは、子供の現状を不憫に思った母親が性行為の相手になったり、稀なケースでは父親と娘のセックスというパターンもあります。」

■セックスボランティアの必要性は?
「障害者の多くは、セックスボランティアと聞くと『何とかしてほしい』という人が多いですね。障害があるから働けない、働きたいけど場所がない、なのでお金がなく風俗にも行けない、という循環の繰り返しになるので、セックスボランティアの必要性はあると思います」

本から世界のセックスボランティアの現実を学ぶ

皆さんは、セックスボランティアという一冊の書籍を知っていますか?
この本には、セックスボランティアという性行為の仕事を通して、様々な人間模様が読み取れます。

具体的には

■障害を抱えた人がセックスや性に対してどういう願望や意識を持っているのか?
■それを支援したいと願う人の意向は?
■実際にセックスボランティアが行われる現場はどのような雰囲気なのか?

このような事実が鮮明に伝わってきます。

脳性麻痺という障害を追った男性が、命を落とす危険を顧みずソープランドに行く姿。そして障害者専門のデリバリーヘルスで働く女性の姿を通し、「性とは生きる根本」という表現がリアルに描かれているのです。

本の中で紹介されているオランダのセックスワーカーという職業

オランダは、2000年に売春業が完全に合法化されています。
そのオランダにおけるセックスワーカーという職業の特徴は、自らの意思でこの職業を選び、「自営業者」として税金を納め医療保険にも加入している点にあります。
これに伴い、行政の動きも活発化され障害者が性的なサービスを受ける場合に、医療保険の適用を認めている自治体もあるのです。

オランダにおけるセックスワーカーの利用者は9割が「男性」

オランダでは現在、障害者向けに性やSEXのサービスを仲介する団体が3つ存在しています。
その3団体の統計を取った結果では、利用者の6割は知的障害者で、残りは身体障害者。
そして利用者の9割以上は男性で、女性の利用者はほとんどいないという事実が浮かび上がりました。
また、サービスを提供する側の大半は看護師の派遣を行っているケースが多いものの、少数ながらソーシャルワーカーやセラピストもおり、職業として幅広い人材が活躍している点がうかがえます。
なお、サービス提供希望者が既婚者の場合、結婚相手の承諾が参加のために必要な条件になっています。

セックスボランティアの見えない実態を探る!

では次に、日本におけるセックスボランティアの実態についても考えてみましょう。
現在の日本では、一部の風俗店が「障害者専門性交」まで含めた性的サービスを提供しているという話もありますが、どの程度の行為が行われているのか、その実態は不明とされています。
そのそも、社会的な風潮として障害者の性やSEXについて触れること自体が、タブー視されていますが、この点から、現在の実態について1つの答えが浮かび上がってきます。
Lgf01a201306070900

「ボランティア」とはいえ「性風俗事業」としての位置づけが最も近い

セックスボランティアは性風俗産業として見られる一面がある以上、そこにSEXという性行為があろうがなかろうが、セックスボランティアの存在意義について肯定的な意見や見方を引き出すのは難しいのです。
一般的な風俗業を通して性的サービスから得られる快楽と、パートナーとの関係から得られる快楽とはまったくの別物であり、ボランティアという言葉があるとはいえ、あくまでも「事業」として成り立っているに過ぎない一面は確かに存在するのです。

しかしセックスボランティアを肯定する声も少なくない

SEXや性行為のあり方としてセックスボランティアは正しくないと疑問視する声はありますが、社会貢献の一環としてセックスボランティアを肯定する意見も少なくありません。
そういった声もご紹介しておきましょう。

■セックスボランティアに論理的妥当性も倫理的妥当性もないでしょう。そんな言葉で整理整頓はできないと思います。そもそも、ボランティアをしても良いという人がいれば助けてあげる、ただそれだけで性やSEXとしてではなく、純粋にボランティアとして成立しているはずです。

性行為を必要とする障害者がいる限り必要な存在

繰り返しになりますが、日本では障害者の性行為や恋愛に関してはタブーとされているケースが多いのが現状です。
しかし、命を落とすリスクを負ってでも性行為をしたいと願う障害者も居て、そういう人の力になりたいと願うセックスボランティアも確かに存在するのです。
人前で語られる事のない障害者の性行為。
セックスボランティアの存在意義は、両者の間に確かにあると言えるのではないでしょうか。
あとは、今後の世評がどうなるか、という点が存在意義を固めるためのポイントといえそうです。

セックスボランティアが未来に向けて抱えている問題点

オランダのように、自治体や国の理解を得て問題を抱えつつも合法的に職業として存在して、障害者とセックスや性行為を行っているセックスボランティアですが、日本ではまだまだグレーゾーン。
最後に、セックスボランティアに関する問題点、今後に向けての性の課題にはどんなものがあるのか、一般の人の意見を交えながら見ておきましょう。

Lady 602881 640

セックスボランティアを実践できる人の数と精神面の課題

セックスボランティアは、倫理や愛といった奥深い社会問題の入り口に立つ性のの問題です。
その中で、例えば神戸や東日本の大震災には多くの無償のボランティアが現地にかけつけたように、大きな災害でなくても日常的に無償のボランティアを希望する人は多い。
では、障害者等に限定して求められれば震災復旧活動と同じレベルでセックスボランティアを実践できる人はどれだけいるか?という点は、SEXや性行為をどの程度まで行うのか、という認識が一般的に薄いことから、まだまだ課題があります。
また、障害者であるサービスを受ける側はボランティアの行為に感謝するかも知れませんが、行為自体が人の当事者間にある心の関係、つまり精神面を逆に傷つけるかも知れないと言う課題も見え隠れします。

社会理解が進まない現状も大きな問題

仕事内容で紹介したように、一言でセックスボランティアといっても、性行為や仕事内容には色々な形態があります。
まず1つは斡旋ボランティア。そして、性の欲求処理を専門に行うボランティア。最後に、それらを総合的に行うボランティア。
しかし、現在の日本の法律では、何れも事業として確立させるのが難しい現状があり、ボランティアとして協力者が得られるか、社会の理解が得られるかという視点に立っても克服すべき課題は多いのです。

セックスボランティアの実態は? 障害者との性行為の必要性と問題点のまとめ

今回は、セックスボランティアの仕事内容や実態、そして障害者とセックスにおけるボランティアの必要性と問題点について見てきました。
ここで見てきたように、セックスボランティアに対しては現在も賛否両論あるようですね。
特に、その行為が必要なものだと思っていても、障害者とボランティア側の両者が傷つくのではないか、また売春などの観点から違法になるのではないかと懸念する声が多く、日本で合法化される日は遠いという印象は拭えません。
しかし、障害者であっても性行為やSEXと無縁であるという訳ではなく、ボランティアの必要性は確実にあると言えるのも事実です。
セックスボランティアについて興味を持った人は、まずは本を読んで概要を掴んでみるのをオススメします。

引用元:キャリアパーク!

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます