SM女王が明かした芸能人のお得意さんの性癖wwwww

warotter(ワロッター)

eye

あるSM女王が芸能人のお得意さんの性癖を暴露し、話題になっている。
さらにこのSM女王は「芸能人向けの破却ギャラ」も暴露。
SM女王が明かした衝撃の芸能人の性癖

筆者の知り合いに香織さん(仮名)という女王様がいる。以前は都内のSMクラブに在籍していたが、現在はフリーランスで活動をしている。
香織さんの奴隷にも著名人が何人かいたのだという。

筆者が印象的だったのは、香織さんが「ご本人のプライベートもあるし、今は関係が切れているので、詳しくは申し上げませんが…」と切り出したミュージシャンのKだ。1980年代に人気があったものの、1990年代初頭に解散したバンドに在籍していた彼は、現在は俳優としても活躍している。

バンド時代はスリリングな恋愛を歌うことが多かったが、香織さんいわく「実生活でもスリリングなことをしたかったみたい(笑)」で、彼女が在籍していたSMクラブに訪れたのは約20年前のことだという。「その時はバンドはすでに解散していたけど、印税とかの貯えがあったみたいで、週に2、3回くらいの頻度で来店されていて…」と、その結果、香織さんの常連になったそうだ。

ちなみに彼はマザコンで、香織さんを「ママ!」と呼び、オムツをつけてプレイに臨むことが多かったという。曲のイメージしなかった彼女にとって、赤ちゃん言葉で接してくるKに最初は戸惑ったそうだ。

ある日のこと、プレイを終えた後にKが提案を持ちかけてくる。「私の専属の女王様になっていただけませんか」と。どうやら、Kはマザコンなうえに独占欲も強かったようだ。もちろん、月額でまとまった金額を支払うし、専用のプレイルームとしてマンションも用意するとのこと。これが、香織さんにとって初めての専属女王様としての契約になった。

条件は、Kが希望したら昼夜問わずにいつでも調教すること、そのためにいつでも準備しておくことだった。実際に、朝の4時に起こされて調教しろと言われたこともあったのだという。その時は、「さすがにキツイと思った(苦笑)」そうだ。また、彼がオフの日は、18時間連続調教も珍しくなかったという。
http://www.menscyzo.com/2015/12/post_11013_3.html

引用元:芸能界の裏の顔

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます