少年たちは無理矢理、犬に危険ドラッグを食べさせた。飼い主が愛犬を見つけた時こんな姿になっていたんだ

warotter(ワロッター)
safe_image

 

英国王立動物虐待防止協会 (RSPCA) はイギリスの非営利団体です。各地にあるRSPCAセンターに連れてこられるのは、病気、怪我、迷い込んだ野生動物や、捨てられてしまったペットです。ケント州マーゲートにあるセンターに、チワワのミックス犬「チャンキー」が運ばれてきたのは今年の2月のことです。センターのスタッフ達も、こんなひどいケースは見たことがありませんでした。

まだ子犬だったチャンキーは、4人のティーンエイジャーに誘拐されて拷問のような虐待を受けました。その晩、15〜16才の少年達は危険ドラッグの影響下にありました。
少年達は、チャンキーの首と足の骨を折り、顔に火をつけました。そして数時間に渡って小さな子犬を痛めつけました。痛がる姿を面白がって見ていたといいます。

Facebook/RSPCA – Wimbledon and District Branch

少年達はチャンキーの口の中にドラッグを押し込み、ゴミ処理所近くに捨てていきました。彼らは、チャンキーがそのまま死んだものと思っていました。しかし全身にひどい傷を負いながらも、チャンキーは奇跡的に生きていました。瀕死状態でRSPCAの調査員によって発見されたチャンキーは、すぐさまセンターに運ばれ、獣医師の診察・治療を受けました。

Youtube/New York Daily News

RSPCAで調査員として働くキャロライン・ドウは、次のように語っています。「私が見たことのある中で一番酷いケースだった。思い出すだけでも背筋がゾクゾクする。少年達はしたことを認めたけど、ドラッグの影響下にあったと弁解した。でも虐待の方法は極めて残虐だった。絶対に許されるべきじゃない。」

チャンキーは、何日間も痛みに苦しまなくてはなりませんでした。全身に火傷を負い、首と足が折れたまま、保護されるまで数日間1匹で彷徨っていたのです。「初めてチャンキーを見つけたときの、怯えて意気消沈した様子は忘れることができない。傷は重傷で、獣医からケアを受けた後も6日間は痛みに耐えなければならなかった。」

やがてチャンキーの飼い主が見つかりました。連絡を受けたチャンキーの飼い主は、心を痛めながらも再び愛犬との再会できたことを喜んでいました。

時間はかかりましたがチャンキーはその後、元気になりました。幸いにも後遺症は残らず、傷も癒え、今は家に戻って暮らしています。チャンキーは、あんな酷いことを経験したにも関わらず人間に対して強い警戒心・恐怖心を抱くことはありませんでした。持ち前の愛嬌と人懐っこさは、事件の前と変わらないと飼い主は言います。これは驚くべきことです。

「前よりも少し緊張していることが多いかもしれないけど、チャンキーはチャンキーだ。変わってないよ。」

Youtube/ITV News

人にかまってもらえると、嬉しそうにしっぽを振りまくります。チャンキーを知る人たちは、彼の回復を祝福しました。

Youtube/ITV News

少年達は裁判所の決定により12か月の保護観察に付され、5年間、動物を飼うことを禁止されています。また、罰金として少年達にはそれぞれ約10万〜50万円、主犯格の少年の父親には約100万円の支払いが命じられました。

獣医師によれば、あんなにも酷い傷を負いながら助かることができたのは奇跡的だそうです。今はトラウマも乗り越え、チャンキーは愛情に包まれて元気に生きています。

元気になって本当に良かったですね。この小さなワンコの大きな生命力にあなたも感心したなら、シェアしてください。動物の虐待は、残酷で卑劣な行為です。「動物愛護法」は多くの国に存在しますが、ご存知の通り、動物を傷つけても罪に問われないケースが多いのが現実です。通報があっても捜査されなかったり執行猶予や情状酌量になってしまい、きちんと罰せられない事がほとんどです。日本の場合、動物保護法違反よりも器物破損の方が重い罪になってしまう場合もあります。そして動物達が皆、チャンキーのように力強い生命力を持っているとも限りません。助かってもトラウマを抱えて生きている動物達が沢山いるんです。動物虐待には、もっと厳しい取り締まりが必要だと思いませんか?

引用元:イミシン

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます