人気AV男優が語る性教育がこちら

warotter(ワロッター)
eye

stdseminar2.jpg
森林原人さん

12月1日は世界エイズデー。毎年、各地でエイズの予防啓発イベントが実施されているが、11月29日に国立国際医療研究センターで、「Tokyo AIDS Weeks 2015」のイベントの一環として「AV男優、セックスワーカーらによる、プロが教える楽しい性教育講座。」が行われた。不特定多数の相手とのセックスが仕事であるAV男優が啓発イベントに参加するとは、一見矛盾しているようにも思えるが、意外にも真剣で熱いトークが繰り広げられた。

男女半々、年齢層は30代くらいから上がほとんどという客でほぼ満席の会場に、現役AV男優の吉村卓さん、ムータンさん、森林原人さん、野島誠さんが登場。普段は裸の印象が強い男優たちだが、この日はスーツでビシッと決めていた。

冒頭から森林さんが「AVはファンタジーです」と、はっきりと断言。「18歳以下はAVを見てはいけないことになっていますが、ネットが普及したため、現状は誰でも見られるようになっています。分別のつかない若い人が見た場合、それを本物のセックスだと思い込む場合があります。しかし、AVはショーであることを分かって見ていれば、よくある『AV男優のマネをして女の子を傷付けてしまった』ということは防げます」と述べ、AVは大人の娯楽であることを伝えていくべきだと熱弁した。

■性感染症は時として命に関わる病気

今回のメインテーマである性感染症の話題で、ユニークなキャラを発揮したのが健康オタクの野島さん。普段は人前で話をすることが苦手だという野島さんだが、立ち上がって一歩前に出ると、性感染症にはHIVやヘルペスをはじめとするウィルス系と、クラミジアやカンジタといった細菌系の大きく2つに分かれることを詳しく話し始めた。

stdseminar3.jpg
野島誠さん

「HIVのみを恐れ、他の性感染症を甘く見ている人もいるかもしれません。しかし、ヒトパピローマウィルス(HPV)に感染すると、患部が炎症を起こします。その炎症を修復しようとして修復ミスを起こして、その細胞ががん化するんです。子宮頸がんや陰茎がん、舌がんなどが代表的です。クラミジアも、かかったら抗生物質を飲めばいいやという考えでは、何度も抗生物質を飲んでいるうちに耐性菌ができて、抗生物質が効かなくなってしまいます。そうなると、抵抗力が落ちているときや重篤な病気にかかっているとき、肺炎などで亡くなるケースもあります」

HIVだけでなく、他の性感染症も時として命に関わる病気であることを真剣に語った。イベント終了後には性感染症に関する自作の資料を配布するという気合の入れっぷりだ。

男優や女優は頻繁に性感染症検査を受けているとはいえ、潜伏期間もあるため完璧とはいえない。そんな男優たちが念には念を入れている予防法は3つ。第一にコンドームの装着。そして、B型肝炎やHPVワクチンの接種。もうひとつはうがい・手洗い・デリケートゾーン洗い。健康オタクの野島さんは、緑茶に含まれるカテキンの抗菌・殺菌作用を利用し、「撮影現場では、緑茶で手洗い・うがい・デリケートゾーン洗いをしている」と語っていた。

■性感染症のリスクを避けるプロの技

性器同士の接触だけでなく、男性の精液や女性の愛液を口に入れた際に性感染症に感染するケースもある。AVでは女優が精液を飲む通称「ゴックン」プレイもよく見かけるが、森林さんいわく、性感染症のリスクを避けるため、実際には飲み込んでいないケースがほとんどだという。

「本当に飲む場合、精液を出す男性側は必ず検査を受けています。しかし、検査代で制作コストがかかってしまうので、よほどゴックンをウリにしているパッケージのもの以外、飲み込んでいるように見せる演技のことが多いです。クンニリングスも、たくさん唾液を出して、なるべく愛液が口の中に入らないようにしています」

全身全霊で快感に溺れているように見せつつ、リスクを少しでも減らすために生み出されたテクは、プロの技としか言いようがない。

stdseminar4.jpg
ムータンさんがコンドームのつけ方を実演

リスクを減らすといえば、性感染症の予防の基本といえるコンドームの装着も重要だ。シルクラボをはじめとする女性向けAVでは必ずコンドーム装着シーンが出てくるものの、男性向けAVではまるで着けていないかのように見える。これも、カメラに映らない位置で素早くコンドームを着けるという男優のテクだ。コンドームの着け方に手間取ってムードが白けてしまったり、途中で外れてしまって青ざめたりという経験をしないようにと、女性向けAVで大人気のムータンさんがペニスの模型にコンドームを装着し、着け方をレクチャー。ちなみに、ムータンさんは巨根のため、Lサイズのコンドームを愛用しているそうだ。

■検査は相手に安心してもらうために受ける

大盛況のうちに終了後、登壇した男優たちに、イベントの感想や、どうすればもっと性感染症の検査が身近になるか、意見を聞いた。

stdseminar1.jpg
吉村卓さん

吉村:僕は自分の事務所を立ち上げ、性感染症予防イベントも行っています。そのイベントでは、検査を受けてきた人には割引サービスもしているんですよ。日本は先進国なのに、性に関する情報は遅れています。若い人にも検査の大事さを伝えたいし、AV男優が言っているとインパクトがあるので、これからも発信し続けたいです。また、検査に保険がきいて安くなればなとも思います。

森林:誰でもセックスをしたら性感染症がうつる可能性があります。必ず一度は性感染症の検査を受けるべきです。アメリカではブライダルチェックとして性感染症検査を受けますが、怪しいことがあるから受けるのではなく、相手に安心してもらうために受けるんです。性感染症は自分には関係ないことではないと思ってもらいたいです。AV男優が性感染症の啓発をすることは、結果的にAV業界のためにもなると思います。

野島:もともと健康オタクなので、健康に関することを伝えられればと思ってイベントに参加しました。性感染症が、がんにつながることを知らない人も多いので。性感染症予防啓発を本気でやるなら、例えば、性感染症検査を受けたらアイドルの握手券をつけるというのも手だと思います。

ムータン:ちょっと気になったら検査を、くらい気軽に受けられるようになってもらいたいですね。また、性感染症の正しい知識を身に付け、日常生活において簡単にはうつらないことや、病気の方に対する偏見や差別もなくなっていってほしいです。

何千人という女優とセックスをするAV男優。彼らは性感染症のリスクがあるからこそ、一般人以上に性感染症予防・啓発に真摯に取り組んでいるようだ。

引用元:サイゾーウーマン

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます