【驚愕】1人のモデルに対し、6人の写真家にまったく違う肩書きを伝えてポートレートを撮ってもらったら…信じられない結果に!

warotter(ワロッター)

-Decoy

Twitterなどのソーシャルメディアにおいて、アイコンのイメージで人を判断したことはありませんか ?人間中身だとはいえども、無意識にその人の服装や言葉遣い、話の内容から真実を探そうとしてしまうのが人間というものです。

ここに1枚のポートレート写真があったとして、なんの説明書きもなければ何者なのか推測にまかせるしかありません。それが写真のもつ不確かさであり、また楽しみでもあるわけです。Canonオーストラリアでは、プロの写真家はどこまでその内面に迫れるかということで実にユニークなプロモーション実験を行いました。そしてその結果は皆がため息が出るほど驚きの結果になるのです……。

モデルはたった1名、指示はただ1つ「彼らしく撮る」こと

 Decoy.jpg
画像は「Twistedsifte」より

Canonが行った今回のプロモーション実験「Decoy(おとり)」では、6人の写真家が「彼らしいポートレイトを撮ってほしい」と注文され、撮影しました。

6人の写真家は個別に呼ばれ、その都度モデルであるマイクについて異なった説明を受けます。ある時はライフセーバー、またある時は前科者だと。使用した機材やマイクの衣装はまったく同じ。もちろんいずれもプロの写真家です。各写真家は事前の説明をもとに、マイクと会話しながら、照明、視点、角度を調節し、どうやったら一番「マイクの内面」を表現できるか考えました。

ライフセーバーだと説明を受けた写真家は、彼のタフな精神力を引き出そうとし、またアルコール中毒から立ち直った男性だと説明を受けた写真家は、そのつらかったであろう日々に共感しながら、「誰にでも弱さはある。僕の知人にもいたから君の心の痛みはよく分かるよ」と語りかけます。でも真実はたった1つ、マイクはライフセーバーでもなければ、アルコール中毒患者でもないのです。

紙媒体やインターネット上にあふれる様々な写真、そこから勝手な憶測が知らないうちに誰かを傷つけたりすることもあります。悪意あるメディアが民衆を誘導するために、“都合のいいカット”を使うこともあるでしょう。もし内面を本当に写し出すことができれば、どのような説明を受けようと写真にさほど差はでないはずなのですが、そうはいきません。6人の写真家による6枚のポートレート、あなたはどう感じるでしょうか。

■ライフセーバーと説明された場合

 Decoy1.jpg
画像は「Twistedsifte」より
撮影:Franky Tsang

■自力で成功した百万長者

 Decoy2.jpg
画像は「Twistedsifte」より
撮影:Tristan Stefan Edouard

■元アルコール中毒患者

 Decoy3.jpg
画像は「Twistedsifte」より

■前科者

 Decoy4.jpg
画像は「Twistedsifte」より
撮影:Kate Disher-Quill

■超能力者

 Decoy5.jpg
画像は「Twistedsifte」より
撮影:Lyndal Irons

漁師

 Decoy6.jpg
画像は「Twistedsifte」より
撮影:Jin Lim

■撮影シーンを収めた動画

>
THE LAB: DECOY 動画は「YouTube」より

写真がプリントされた後、6人の写真家達は同時に集められ、お互いの写真を見て今回の実験の内容を聞かされると驚きを隠せない様子でした。「初めに貰ったバックグラウンドから、その内容を引き出そうとばかり考えてしまった。本当の彼は見えてなかった」と語る写真家もいるように、真実を見極めるというのは大変むずかしいことなのですね。

日本の鬼才アラーキーこと写真家・荒木経惟氏が1980年に出版した「荒木経惟の偽日記」では、当時コンパクトカメラについていた日付写しこみ機能を使って、全くデタラメな日付を写真に映し込んだシリーズがあります。

Decoy7.jpg
画像は「Twistedsifte」より

写真は真実を語っているように思われがちですが、そこに記された情報次第でいくらでも見方が変わってきてしまう危険な側面もあるのです。我々情報社会に生きる人間として、そのことを十分注意する必要がありそうですね。

引用元:トカナ

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます