ありえない!もし男性のアレが気持ち悪いと思うなら10番目を見てみましょう。

warotter(ワロッター)

fa39a6fa63af3feb2d75640033685144

国を強くするのにはもっと理系を強くする必要だとの意見があるようですが、ツイッターで生物学者がユーモアでも理系は強いと頑張っています。どのオスの交接器が一番スゴいかとのバトルとなりました。それでは驚きの生物学の世界をどうぞ!

1. ネズミイルカ

先端で人差し指が突き出されているようです。まるでフォトショップで赤い腕をつけたみたいですね。

Twitter/Michelle Klein

 

2. アヒル

よく見ると形状が螺旋状になっています。面白いことにメスも螺旋状になっているのですが、螺旋の方向が逆になっています。大変ですね。

 

Twitter/Holly English

 

3. クロゴケクモ

この先の黒い部分はワインオープナーのようになっています。交配が終わるとまだ相手の体の中に残されます。残酷だって?心配ありません、ほとんどの場合メスはデザートのようにその後にオスを食べてしまいます。

Twitter/Catherine Scott

 

4. イリエワニ

これはまるでエイリアンの子供のようですね。噛みつかれそうで恐ろしいです。

Twitter/The HSI

 

5. ネコザメ

サメはダブルトラブルです。なんと交接器が二つあります。楽しみも倍でしょうか。

twitter.com

 

6. マダラコウラナメクジ

カタツムリのように雌雄同体で、交配は二体がまったりまとわりつきます。下でも絡まっている部分がソレです。

Twitter/collie ennis

 

7. ゾウ

こんなにフレキシブルです。皮が硬そうなのに意外ですね。

Twitter/Anne Hillborn

 

8. インンドニシキヘビ

交接器が2つあるだけでなく、その先も2つに分かれています。楽しみも倍なんでしょう。

 

Twitter/Rob Sullivan

 

9. ツブ

あの白い大きな部分がソレです。体の大きさとのレシオが半端ないです。

Twitter

 

10. ハリモグラ

そして勝者はハリモグラです。なんと先が4つです。ただし生物学者はなぜ4つなのかがまだ分かりません。メス側は2つしか開口部がないのです。

Twitter/Noah Grey

 

まさに驚きの自然です。人間の世界で他人と比べてるのがバカバカしくなるくらいですね。この理系のユーモアをみんなにシェアしましょう!

引用元:イミシン

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます