【危険性大】ガンになりたくなければ避けたほうが良い食べ物4つ

warotter(ワロッター)

aaaaaaaaa名称未設定-1

肺ガンの場合は、喫煙との関連が疑われていますが、「その他食べ物なども関連性があるのではないか?」と言われています。

そこで今回は、海外の情報サイト『WMNLife』などの記事を参考に、“ガンになりたくなければ避けたほうが良い食べ物4つ”を紹介します。

■1:養殖されたサケ

養殖のサケは抗生剤や化学物質、農薬などが餌として混ざっていることが多く、驚くべきことに、天然のサケに比べて30倍もの汚染があるとされています。

ガンにならないためには、避けたほうが良いかもしれません。

■2:ポテトチップス

食べ始めると、つい止まらなくなってしまうポテトチップス。しかし、海外ではすでに使用が禁止されている“トランス脂肪酸”が使用されていたり、塩分が濃すぎるために高血圧の危険性もあると言われています。

美味しすぎて食べ過ぎてしまうということもあり、できれば避けたいお菓子です。

■3:加工肉

13年間にわたるヨーロッパ10か国以上で行われた研究によると、ハム、ソーセージ、ベーコンなどに含まれる、過剰な塩分や添加物を1日に160g以上摂取し続けると、ガンになる確率が非常に上がるというのです。

一方、1日に20g以下であれば健康に問題はないともされています。美味しいのでつい食べてしまうと思いますが、ほどほどにしたほうが良いかもしれませんね。

■4:炭酸飲料

1日に1本以上の炭酸飲料を飲み続けていると、糖分の取りすぎなどにより体重の増加、カロリーの過剰摂取などを引き起こす原因になります。これらはいずれもガンを引き起こす原因にもなると、アメリカの栄養学会誌に研究結果が発表されています。

ガンになりたくないのなら、飲み過ぎには注意しましょう。

以上、“ガンになりたくなければ避けたほうが良い食べ物4つ”でしたが、いかがだったでしょうか? いずれの食べ物も、身近にあり良く食べているものかもしれません。

全て食べ過ぎ、飲み過ぎは良くありませんし、それぞれどんなものが含まれているか、どんな作られ方をしているか、きちんと調べて知った上で食べることが大切です。

特に小さいお子さんがいる場合は、気にしてあげましょう。

引用:news.livedoor

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます