【立ち入り禁止】 世界中にある「絶対に近づいてはいけない島」

warotter(ワロッター)

eye

先住民たちが決して寄せ付けない

北センチネル島

先住民たちが矢を放ってきて、島に上陸できないんだとか。

インド洋東部ベンガル湾内にある北センチネル島は、地理的には行くのはたやすい。だが、先住民たちはいかなる理由であろうと、侵入者を拒み、矢で威嚇して決して寄せ付けない

先住民たちは島外からの人間を拒み続けているため、未だかつて誰も島内を探索したことがなく、その生態も謎に包まれたままだ

この北センチネル島には50~400人の先住民・センチネル族が住んでいると考えられています

島の外から撮影された先住民たち。こちらを威嚇しています。

2004年のスマトラ島沖地震に際しては、救援物資輸送のヘリコプターに対し、矢を放っている
出典

北センチネル島 – Wikipedia

2006年には、島の近くで密漁をしていた漁師2人のボートが流され島に漂着してしまい、2人共島の住民に殺された
漂着したものは殺されてしまう。

アンダマン・ニコバル諸島自治政府も干渉する意向を持っていない
自治政府も干渉しないようにしているとか。

猛毒のヘビに占拠された島

イーリャ・デ・ケマダ・グランデ島

世界で最も強い毒を持つヘビがウヨウヨしているらしい…

ブラジル、サンパウロ付近にイーリャ・デ・ケマダ・グランデ(Ilha de Queimada Grande)という島が存在する。日本ではケマーダ島とも呼ばれている

世界で最も強い毒を持つヘビの一種「ゴールデン・ランス・バイパー」が生息しています

猛毒のヘビが無数に存在しており、そこへ入った人間はヘビに噛まれて命を落とし二度と帰って来られないという伝説を持つ
出典

地球上で最も危険な島、猛毒ヘビに占拠されたイーリャ・デ・ケマダ・グランデ島 : カラパイア

こちらがそのヘビ。

そのヘビの密度たるや1平方メートルあたり1匹とまでいわれています
歩くたびにヘビと遭遇するじゃないか…

海軍が管理する灯台は、今は自動化されて、保守と燃料補給のために、ヘリコプターで年に数度、人が降り立つ以外は無人島である
もちろん、無人島。

限られた研究者のみ立ち入りが許される

スルツェイ島

アイスランドにあるスルツェイ島。

アイスランドの南西沖に浮かぶベストマン諸島の最南端に位置する火山島。1963年から1967年までに起こった海底火山の噴火により形成された

ここは人類の影響を排し、生態系がどのように形成されるのか、その過程を記録するために自然保護区に指定された、特別な島なのだ
出典

第2回 科学者しか入れない、まるごと実験場の島 アイスランド・スルツェイ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

第32回世界遺産委員会でアイスランド初の自然遺産として登録された

2008年には世界遺産にも登録された。

現在、スルツェイ島はごく少数の認可を受けた研究者だけが島への上陸を許されている

島にある建物は、研究者用の簡素なプレハブ小屋1棟のみ

都市伝説や迷信が飛び交う人形島

ソチミルコの人形島

ある意味観光スポットになっているようですが、人形だらけで怖すぎます。

メキシコで一番不気味で気持ち悪い観光名所として知られているのが、この「The Island of the Dolls」と呼ばれる、メキシコシティーの南にあるソチミルコ島
この島には現在、遊覧船でなければ行くことは出来ないが、上陸してみて気がつくことは島のあちこちに、ものすごい数の朽ち果てた人形がそこかしこに散らばっていることである

いたるところに人形が。

その島は、都市伝説と迷信で溢れる、島の木々には気味が悪い人形があちこちにぶら下がっているという

ここまで来ると呪われてるとかしか…

60年ほど前、サンタナという一人の男がこの島に移り住んだことからこの話は始まる。ある日、妻とも別れ、たった一人で残りの人生をこの島で暮らすことに決めた

彼は、流れて来る人形を一心不乱に釣り上げては供養をして、釣り上げた人形を祭壇を作り祭りだしたのが、「人形島」の始まりだと言われている

皮肉なことにサンタナは2001年、少女が溺れていたとされている場所で彼の甥に死体となっているところを発見されたのだそうだ
出典

ゾクっとする不気味な人形たちが住むメキシコの島「The Island of the Dolls(ソチミルコの人形島)」※画像追加 : カラパイア

世界一幽霊が出る島の1つ

ポヴェーリア島

かつては伝染病患者や精神病患者が集められ島の土の半分は人の灰で出来ているとまで言われているこの島には今も不気味な廃墟が多く残っており、心霊スポットとしてもよく話題に上がっています

14世紀にはペスト患者が隔離された場所であり、20世紀に入ってからは精神病院が建てられ、医者の自殺とともに閉鎖された

精神病院は廃墟と化している。

「世界一幽霊が出る島の1つ」と言われ、現在立入禁止区域ともなっている

これで、幽霊が出ないって方がおかしい…
近隣地域のことわざには「邪悪な人が死ぬと、ポヴェーリア島で目を覚ます」というものがあるそうだ

引用元:buzz

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます