海外サイトが選んだ地球上で最も不気味な場所ベスト15→日本のあそこがトップ

warotter(ワロッター)

aaaaaaaaaa名称未設定-1

カラパイアではおなじみの不気味なスポットの数々が海外まとめサイトにて、また特集されていた。こういった特集で常にランクインしている日本のあのスポットなんかはナンバーワンになっていたりなんかする。海外の人にとってあの場所は神秘と謎と不気味に満ち溢れて見えるのだろう。

ということで見たことある場所もない場所も含めて、不気味の里とやらをザックリ見ながら、怖い場所ほど見たくなる人間心理とやらと向き合っていこうじゃないか。

15. トルクメニスタン 「地獄の門」

1_e5

トルクメニスタン、カラクム砂漠中央部にあるダルヴァザ村には半径18メートル・深さ6メートルの巨大な穴がある。この穴は「地獄の門」と呼ばれており、1971年にロシアの油田開発会社のエンジニアによって作られた。

当時のエンジニアたちは、油田を求めてこの地を採掘していたのだが、不幸にもそこから噴出したのは有毒ガスだった。エンジニアたちは有毒ガスの噴出を食い止める為に、火種を穴へ投下したが、その時に始まった火が未だに続いているのだ。

実はこの穴には何故か蜘蛛が大量に近づいてくるそうで、蜘蛛たちは毎日地獄の門へ飛び降り自殺しているように見えるという。

14. ウズベキスタン、モイナク 「船の墓場」

2_e7

「呪われた船の墓場」との異名を持つモイナクは、その昔ウズベキスタンの貿易の中心だった。しかし漁業やソビエト連邦の介入により、地域一帯の海が干上がってしまった。その時残された船が今も尚、幽霊船のように放置されているのである。

13. インド、ジャティンガ 「鳥の大量自殺」

3_e6

ジャティンガはインドのアッサム州にあるディマ・ハサオにある小さな町だが、そこには「鳥の大量自殺」という都市伝説がある。年に一度大量の小鳥がジャティンガの空を飛び回り、突然地面目がけて落下し、自殺するというのだ。

しかし、実際の内容はこうだ。大量の鳥が霧のかかった暗闇の中、ジャティンガの町にある電灯や人工の光を目がけて飛んでくる為、住民らは気味悪がって鳥を全て銃で撃ち落としていたのだ。なんとひどいことをするのだろうと思うだろうが想像してみて欲しい。暗い、霧深い夜に大量の鳥が家の周りをコツンコツンと窓ガラスに頭をぶつけながら飛んでいるのだ。身の危険を感じた住人たちが暴走してしまうのもいたしかたのないところではある。

12. フランス、オラドゥール=シュル=グラヌ 「呪われたゴーストタウン」

4_e7

1944年6月10日、ナチスの武装親衛隊がオラドゥール=シュル=グラヌの女性・子供、計642名を虐殺した。女性と子供は教会に閉じ込められ、男性は納屋へ閉じ込められ両足を撃ち抜かれた。逃げようとする者はその場で灯油をかけられ、ゆっくり火をつけて燃やされたそうだ。また、教会にも火が点けられ、窓から逃げようとする女子供は撃ち殺されたと言う。その翌日、ナチス軍は町を立ち入り禁止区域にしてから関連書類の整理を始めた。

誰も住まなくなったこのゴーストタウンでは、今も大量の幽霊が出ると噂されている。

11. ルーマニア、ホイア・バセウ・フォレスト 「歪んだ木々の森」

5_e

ホイア・バセウ・フォレストはクルジュ=ナポカ北部、トランシルバニアにあるエトノグラフィー・ミュージアムに近くに存在する。歪んだ木々が特徴的なこの森では数多くの超常現象が目撃されている。

1968年にはUFOの写真が撮影され、多くの雑誌はこの地を「ルーマニアのバミューダ・トライアングル」と掲載した。時には人が行方不明になるという事件も起きたそうだ。こういった超常現象は恐らくこの森に存在する磁場の影響によって引き起こされるのではないかと考えられている。また、この森は「別次元への入り口」なのではないかとも言われている。

10. アイルランド、リープ・キャッスル

6_e4

リープ・キャッスルはアイルランドに存在する最も呪われた城だと言われている。それはこの城で1250年に起きた「流血のチャペル」という事件が理由である。

リープ・キャッスルはオ・キャロル家の居城だが、その日、家人である「片目のテーゲ・オ・キャロル」がチャペルにいた実の兄である司祭を惨殺した。司祭は祭壇に倒れ込み息絶えた。

時は過ぎて1922年、戦争で城が破壊されたことがきっかけで、チャペルの下にあった地下牢が発見された。そこには3カート分の人骨があったという。テーゲ・オ・キャロルは当時人々をチャペルへ招き、木材で出来た針山に突き落とし、殺していたと考えられている。

アイルランドでは知らない人はいない有名な幽霊城だが、現在では人が住んでいるという。

9. 台湾、三芝の「三芝飛碟屋」(別名:UFOハウス)

7_e3

台湾のUFOハウスは1978年にツアー旅行者を呼び込むために建設が始まった。しかし1980年に起きた度重なる車両事故と自殺により建設が中止された。一説によると、UFOハウス建設の際に龍の銅像を壊した為、邪悪な気が放たれたとされている。また別の説では、この土地がオランダの兵士を埋めた場所であるからだという。しかし、その真意は定かではない。

2010年、廃墟状態にあったUFOハウスは遂に取り壊され、次はウォーター・パークが建設されるそうだ。

8. 西アフリカ、トーゴ「アコデッセワ・フェティッシュ市場」

8_e0

トーゴの首都ローメはブードゥーが生まれた土地の一つだが、ここにはアコデッセワ・フェティッシュ・マーケットがある。この市場では死んだ動物や人骨等、呪術や儀式に必要となるような物が全て揃っているのだという。

ブードゥーの世界では、生死を問わず、この世に存在する全ての物は尊いとされている。だからこそ、こういった死体や遺品までもが大切に取り残されているのだ。

7. 米ペンシルバニア州 「ゴーストタウンUSA」

9_e1

映画「サイレントヒル」を見たのであれば、この場所の事は知っているだろう。ペンシルベニア州ハリスバーグの北にあるセントラリアは、1962年に発生した坑内火災が今でもまだ燃え続け、米国政府の強制退去勧告命令によりゴーストタウン化した町である。1981年には1000人いたこの町も、2010年にはついに10人となった。

セントラリアの殆どの建物も壊され、国は住居者に移住するように勧めたが、それでもセントラリアで暮らす人々は居るようだ。

6. メキシコ、ソチミルコ島「人形の島」

10_e

世界中で注目されている不気味度マックスのソルチミルコ島は、今やちょっとした観光地である。ジュリアン・サンタナ・バレラという男性がある日、川で少女の死体を発見したことから、少女の死体を供養するため、川に流れてきた人形を木々にくくりつけたのだ。

彼はその人形を全て木にくくりつける事で少女の魂が癒えるのではないかと考えたそうだ。バレラさんによると人形たちは「生きて」おり、持ち主の事をまだ覚えているという。人形は夜な夜な動きまわり、野生動物を殺して回っているそうだ。

5. 日本、端島 「軍艦島」

11_e0

この島にある建物は地下の炭坑で働く人々の家族の為に作られた物だ。しかし1974年、炭坑が掘りつくされるや否や5000人もの住居者が島を出て行った。残された建物は朽ちて行き、その後立ち入り禁止区域となっったものの、2009年4月22日より観光客の一部受け入れが開始された。

2015年7月、端島はユネスコ世界遺産の一つに登録され、外国人観光客らにも非常に人気の高いスポットである。

4. ウクライナ、プリピャチ 「チェルノブイリ廃墟」

12_e0

プリピャチはテレビゲーム、「Call of Duty4:Modern Warfare(コールオブデューティーシリーズ)」で再度注目が集められている。この町は1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故の直後に、放射能汚染を理由に放棄された。この町の恐ろしさは至る所から発せられている。例えば写真を撮ると写り込む幽霊、廃れた建物、小児専門病院に写った気味が悪い人形などなど。こういった場所でホラーストーリーが生まれるのは言うまでもないだろう。

現在はカイガーカウンター片手に線量を計りながらの観光客が後を絶たない人気のスポットとなっている。

3. フィリピン、サガタ「吊るされた棺」

13_e

フィリピンに住むイゴロト族の人々は、高い場所に埋葬されれば天国へと近づけると信じ、断崖絶壁に遺体をいれた棺を吊り下げる風習がある。

彼らの先祖はもともと地面に埋葬して身体が腐ることを極端に嫌っていた。また、当時イゴロト族は民族同士の争いの際に相手の首をそぎ落とした数で勝敗を決めていた為、遺体の首も狙われた。こういった問題を解消するには崖の上に棺を吊るすのが最適だったようだ。これにより、腐敗する事も無く、首を取られる事も無い天空に一番近い墓が出来上がった。

2. イタリア 世界一幽霊が出る島 「ポヴェリア」

14_e

ベニスに近いイタリアの「ポヴェリア」は誰もが近寄りたがらない場所だ。421年から1775年まではただの島だった。だが1776年、人々の健康を管理する為に保健所が立てられ、ベニスを通る全ての船の検疫がはじまった。

1793年には一時的に疫病を患った人の為の隔離施設を設けたが、1805年に入り、本格的に隔離施設として利用が始まった。この隔離施設はナポレオンが統治した1814年まで続いたそうだ。実はこの隔離施設、入れられたら最後、ほとんどの人間はここで死を迎え火葬されたという。

1920年に入り、島の同じ場所に精神病院が建てられた。しかし、その実態は医師の人体実験施設で、多くの患者が脳を開かれ、その中をかき回されたそうだ。この医師は後にベル・タワーから飛び降り自殺する事になるのだが、これが本当に自殺であったのか、はたまた他殺であったのかは明らかにされていない。

飛び降りた瞬間にはまだ息はあったと言われているが、その直後に白い霧が彼を覆いつくし、その霧によって命を奪われたと言う話もある。

一説によるとこの島では数世紀の間で16万人が死んだと言われており、 無念の死を遂げた数万の霊魂が彷徨っている幽霊島であると言われている。この島の土地の半分は人間の灰で出来ていると噂まである。

1.日本 「青木ヶ原樹海」

15_e

「命は親から頂いた大切なもの。もう一度静かに両親や兄弟、子供のことを考えてみましょう。一人で悩まずまず相談して下さい。」

富士山近くに位置する青木ヶ原の入り口の至る場所にはこういった看板が建てられている。青木ヶ原は自殺する人が訪れる場所のランキングで世界3位なのだそうだ。(ちなみに1位は南京長江大橋、2位はサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ 2014年発表)

日本では経済的・社会的プレッシャーによる自殺が非常に多く、そういった人々が訪れるのが青木ヶ原なのと言われている。この森は非常に暗く、深い。光が一切差し込まない程覆い茂った森の中には大きな穴が沢山あり、足をくじいて落ちてしまえば、誰にも見つかる事無くそこで最期を迎えることとなる。

毎年70人近くの人骨が発見されているが、日本政府がそのあまりの多さに実際の数字を詐称している、という説もある。

引用:karapaia

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます