佐川急便がAmazonの配送撤退!→ 契約打ち切りの裏側がヤバすぎる…

warotter(ワロッター)

aaaaaa名称未設定-1

ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の宅配大手3社による、苛烈なシェア争いが繰り広げられる宅配業界。そのなかで2013年に佐川急便がネット通販最大手アマゾンとの契約を打ち切ったことは、業界に大きな激震をもたらした。 


新刊『仁義なき宅配 ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン』(小学館)を上梓したジャーナリスト・横田増生氏が、その背景に何があったのかレポートする。(文中敬称略)2012年から運賃の適正化を進めてきた佐川急便にとって、アマゾンとの値上げ交渉は避けて通れない難所だった。アマゾンとの交渉を担当した佐川急便の営業マンはこう話す。

「うちが当時、受け取っていた運賃が仮に270円だったとすれば、それを20円ほど上げてほしいという腹積もりで交渉に臨みました。けれど、アマゾンは、宅配便の運賃をさらに下げ、しかもメール便でも判取りをするようにと要求してきたのです。アマゾンの要求は度を越していました。いくら物量が多くてもうちはボランティア企業じゃない、ということでアマゾンとの取引は打ち切るという結論に達しました」 

宅配便とメール便の一番の違いは、判取りの有無にある。判取りが必要な宅配便には、不在ならば再配達がつきものだが、郵便受けに投げ込めば完了するメール便には再配達はない。しかし、アマゾンは佐川急便に、メール便でも不在なら再配達するようにと要求してきた、というのだ。

これでは収支がさらに悪化するだけだ、という判断が働いたため、最大手の荷主であるアマゾンに三下り半を突きつけた(その後も、アマゾンの一部の大型荷物などの宅配業務に関しては、佐川急便が引きつづき行っている)。SG(佐川急便)ホールディングス会長の栗和田榮一は、2014年の「会長訓示」でアマゾンとの取引の打ち切りについてこう語っている。

「昨年、ライバル(著者注・ヤマト運輸を指す)に『通販会社(同・アマゾンを指す)の100億円のエサを提供した』と私は思っている。

これは(佐川)急便の収入の1.5%である/結果としてライバルは、集配品質の低下と固定費が増加した/必ずこれまでの体制を見直すはずである/事実クール便を40%UPで交渉を始めたとも聞く」

http://www.news-postseven.com/archives/20150904_347680.html

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、NASDAQ: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構える通販、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。米国の一部地域においては、ネットスーパー(アマゾンフレッシュ)事業も展開している
com
Amazonの経営的特徴は、「顧客中心主義」「発明中心主義」「長期的視野」を掲げ事業を行っていることである
また一般の小売業と違い、「当社は、売上高や利益を最大化することではなく、フリーキャッシュフローを最大化することを目的にしている」と株主宛へのAnnualReportに記し、通期決算で赤字決算となることもある。1997年のナスダック上場以来、株主に対し配当を配ったことがなく、2014年時点で17年連続で無配を継続していることに対し株主が拍手喝采している株式会社的企業といえる
日本企業は「Amazonは日本に対し法人税を納めておらず、またダンピング販売をしているために競争環境が違いすぎ、設備投資等ができない」、日本の電子書籍販売事業者は「アマゾンの販売する電子書籍には消費税がかからず不公平」と批判する。一方で、株主への配当は継続するという矛盾行動を取っている。
wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/Amazon.com
13:
商売は難しいよ。じゃあウチがやりますってとこが出てきて、梯子外される
4:
最近経営も変わってきたなあ
いやな客を切り捨てたら売上がアップなんてここ数年でてきた発想だ
5:
>>4
?そんなの商売としてふつうだけど。
おまえがガキで無知なだけだ。
204:
>>4
本来は客の選別で利益を上げるのが経営者
利益を損ねる客は切るべき
41:
なんでもいいから全部時間指定できるようにしろよ
昼間はいないから結局再配達の二度手間で困るのは業者だろうが
なんでこんな簡単なことができないのか

20120315194241

49:
>>41
同感だね。
できないなら、コンビニ留めや郵便局留めをやって欲しい。
56:
つーかそれが交渉だろう。
対抗いるのだから断るのは構わないが
それで相手を批判するってのは違うような
うちの体制ではのめない条件でしたが
一般論で酷いにすり変わっている
296:
>>56
>うちの体制ではのめない条件でしたが
>一般論で酷いにすり変わっているそう、それ。
自社が対応できなかった要求に、他社は要求に対応できた。
これで「お前の要求が悪い」というのは甘え。

71:
Amazon使う人間は非国民
91:
>>71
> Amazon使う人間は非国民アマゾンて日本の会社ですらないからなwww

楽天使うなら、アマゾン使うけどな

88:
常識通りの横並びなら負けて消えるw
それがグローバルな世界だけどなw
常識外れの発想でのりきれなかった非を認められない佐川の未来は暗いなw
92:
客が送料無料で当たり前となってしまったのも痛い
これはアマゾン側の責任でもあるけど

00-top

149:
「判取り」要求とか言うけど、
受け取る側からしたら判取りされると面倒なんだけどな…責任をもって、黙って投函してくれれば、それでいいんだけど…

152:
外箱つぶれた程度で文句言うやつも希少だわな
174:
宅配業者全体でamazonを拒否すればいいんだけど、必ず抜け駆けする奴がいるからなぁ
180:
amazon好きで今日も買い物したけど、amazonの送料無料っていつまで続くんだろう?って
利用者の立場から思うな、合わせ買い対象みたいな事もやり始めているけど未だ数百円
レベルから物によっては送料無料で送るらしい。近々、amazonお買い上げ5,000円以上なら送料無料みたいに統一する事もあるかな?

184:
>>180
Amazon自体立ち行かなくなると思うよ。世界でもこの状況は日本が極端
に起きてる現象だからね。Amazon程度の物流センターの数じゃとてもじゃ
ないが、全国カバーなんて出来ないしね。ヤマトがあるから出来るって話で
あって。実際の所、今のamazonは非常に将来に於いてリスクが発生する極めて危険
な商取引をやってる。破綻すればそれでオシマイ。ヤマトレベルをカバー出来
る業者なんて他に存在しない。

255:

荷物投げまくってる奴が何いってもな

アマゾンが正しいって結論しか導けんわ

258:
>>255
荷物を投げない運送会社なんて存在しないぞ
282:
配達人の負担を心配する商品購入者は多いと思う
だから翌日にも配達がある場合は当日の荷物の配達時間を翌日に
変更したりとこっちも気を使ってる。
そういう変更が便利に出来るからヤマトがいい。でも一番必要なのはAmazon側でまとめて配達のオプションを選べる
ようにすることなんだけどな

BN-IQ645_0529_5_G_20150528212651

293:
>>282
せっかくネットがあってスマホも普及してるのだから
注文時の時間帯指定のやり方だけじゃなく
「当日」に利用者側から確実に受け取れる在宅時間を通知できるシステムが欲しい
295:
佐川は酷いが、アマゾンの要求はさらに酷すぎると思う。たぶん、最後には
日本の運送会社でアマゾンの荷物を受けるところはなくなるよw
アマゾンみたいなところは、自ら物流会社を作り、全国展開すれば
良いだけの話。
410:
これで通販業者が一斉に
運送業界保持のため送料無料を辞めますとか言ったら
それはそれで怒る奴いるんだろうなw
419:
>>410
送料無料ってその分はその商品を売っている会社が負担してる場合もあるからね
228:
どの業界も客も大した金払っていない奴ほど過大な要求をどこでもするようだからなw
これが日本のサビ残とかを増やす結果にもなっているんだろう。
222:
まぁ確かに無理はあると思いながら頼んでしまう。

amazon

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます