胸が詰まる…法廷で娘を殺した犯人と対面した母親が取った”驚くべき行動

warotter(ワロッター)

aaaaaaaaaaa名称未設定-1

最愛の我が子を殺されるようなことがあれば、犯人に対しての怒りや憎しみは想像を絶するものです。米フロリダ在住のアディ・グスマン・デジャサスさんは、13歳の娘を射殺されました。

■スクールバスで起きた悲劇
2012年11月、米フロリダ州のスクールバスに乗っていたジョーディン・ハウさんは、義理父のピストルを勝手に持ち出し、友人たちに見せびらかしていました。
bus2_R

その時、そうして発射した弾丸が、同じバスに乗っていたルールド・ジーナ・グスマン・デジャサスさん(アディさんの娘)の首に、誤って命中してしまいます。

ジーナさんはすぐさま病院に運ばれましたが、不幸なことに還らぬ命となりました。

■裁判にて
事件から約1年半が過ぎた2014年6月、母親のアディさんは、ついに法廷でハウさんと対面することに。

目前に犯人がいる。もし自分がこのような状態に置かれたなら…、血がにじむほどに拳を握りしめ、呪いを込めた眼差しで犯人を睨みつけるだろうと想像する人が多いのではないでしょうか…。しかし、アディさんが取った行動は裁判官を驚かせました。

なんとアディさんは、ハウさんを強く抱きしめると…
mom1_R

mom2_R

さらに、刑を軽くするよう裁判官に申し出たのです!

本来ならば重刑となったであろうハウさんは、感極まった様子で涙をこらえました。

結果ハウさんは、1年間を少年院で過ごし、少年院を出た後はアディさんと一緒に学校を訪問し、ピストルの危険性について講演をすることになりました。

後日、アディさんはインタビューに対しこのように答えています。

ハウは娘の友人でもあったし、娘はきっと、彼に重刑を与えることなんて望んでいないはず。これからの私たちには、2度と同じことが起きないように他の子どもたちをサポートするチャンスがあります。

 

 

娘の命を奪ったハウさんを許し抱きしめるに至るまでに、どれほどの想いや葛藤があったことでしょう。

それだけでなく、自分たちの経験を生かして子どもたちの未来を守ろうとするアディさん。母親として、人間としての大きな器と行動力に、ただただ頭が下がります。

引用元:buzzmag

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます