1回のアラームで爽快に起床できるようになる7つの方法

warotter(ワロッター)

aaaaaaaaaa名称未設定-1

1回のアラームで起床できるようになる7つの秘策
スヌーズ機能を使って起床するためには、本当に起きなくてはいけないデッドラインよりも前に
最初のアラームを鳴らす必要があります。これにより、大切なレム睡眠(浅い睡眠)の時間が
奪われてしまうのが疲労感の原因なのだとか。

【衝撃】実は体に悪い「スヌーズ機能」

時計
1: スパイダージャーマン(東日本) 2014/01/17 18:01:58 ID:WFKREW1J0

スヌーズ、体に悪いんだってよ!! 1回のアラームで起床できるようになる7つの秘策
スヌーズ機能を使って起床するためには、本当に起きなくてはいけないデッドラインよりも前に
最初のアラームを鳴らす必要があります。これにより、大切なレム睡眠(浅い睡眠)の時間が
奪われてしまうのが疲労感の原因なのだとか。

ここで少し、生物学的なお話しをしましょう。
人は寝ている間、深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)を90分周期で繰り返します。そして、
実際に起きようと意識している起床時間の1時間ほど前になると、脳はコルチゾールという
ストレスホルモンを放出し、体温を上昇させ、浅い睡眠(レム睡眠)状態へと移行し、脳も体も再起動に
向けた準備をします。ここで目覚めると快適な目覚めとなるのですが……

再起動プロセスの途中でアラームが鳴り、起きてスヌーズボタンを押すと、睡眠サイクルが妨げられ、
もうレム睡眠に戻ることはできません。つまり、本来この時間帯に行われるべきだった再起動準備を
行うことができなくなります。スヌーズ機能でリズムを崩され、朝の疲労感が倍増し、休息感が
薄まってしまうのです。ひどい時には、二日酔いのような症状を呈する場合さえあります。

【一度のアラーム音できっちり起きる秘策】
秘策1)アラーム時計を手の届かないところに置く
秘策2)起きた自分へのご褒美を与える
秘策3)コーヒーの香りをかぐ
秘策4)部屋を暖かくする
秘策5)大音量のアラーム時計を使用する
秘策6)賢いアラーム時計を使う
秘策7)理想的な起床イメージをたたき込む

引用元:iine-sinai

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます