あっ…♥セックス中にガチで感じちゃうテクニック11選

warotter(ワロッター)

aaaaaaaaaaa名称未設定-1 その1:責めパターンが多彩 相手のツボを得たからといって、いつも同じパターンの責めになると新鮮味を失ってしまいます。 出来るだけ毎回パターンを変えたり、新たなツボを探すなど、変化をつけていきましょう。
 

その2:言葉責めタイプによっては避けた方がいいですが、M体質の人には、触られる愛撫と同じくらい効果があるもの。 いやらしさもアップして感じるようです。
その3:焦らしプレイ焦らされることでイッた時の気持ちよさが倍増します。 しかし、相手がイクのがどのラインなのかを見極めることが必要。 しっかり観察して臨みましょう。
その4:自然に服を脱がせる服を脱がす時にもたつくとスマートではありません。 愛撫しながら徐々に、気が付いたら脱がされていたというのが理想。 これは練習も必要なので少しずつレベルを上げていきましょう。
その5:感じるポイント以外も責める性感帯以外の背中や足なども責めると、女性は意外さに感動するかも。 新しい性感帯の開発にもなるので、積極的に他の部位も責めましょう。
その6:感じているかしっかり見る日や体調によっては、いつものパターンでは感じないこともあるとか。 自分の考え通りのやり方だけでは、自己満足に終わります。 女性が本当に感じてるのか反応をしっかり見ましょう。
その7:同時に複数個所責める同時進行でいろんな場所を責めると、こいつデキるなと思われるようです。 舌、両手を同時に使って愛撫できるようになりましょう。
その8:褒めながら愛撫
女性はやっぱり褒められるとうれしいもの。 無言でするのではなく、「いい匂いがするよ」とか、「きれいなおっ○いだね」などと責めている部分を 褒めるようにしましょう。
その9:大切にされていると思わせる言動女性は精神感覚が性的感覚につながっているそうです。 愛されている、大切にされていると思うことで脳の快感物質が出て、性感スイッチがONになるそうです。
その10:イクまで愛撫する愛撫が少なく、すぐ挿入しようとするなんてもってのほか。 下手くそのレッテルが貼られるでしょう。 女性の快感を大切にするくらいの余裕が必要です。
その11:胸に対してフェザータッチ男としては豪快に揉みたいのかもしれませんが、女性が気持ちいいのは触れるか触れないか程度のやさしいフェザータッチだそうです。 冷静に優しく接しましょう。
引用元:ryann1201

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます