【要注意】7月以降が相当ヤバい… 32,000人の犠牲者が出ると言われている「南海トラフ地震」の発生時期には法則があった!!

warotter(ワロッター)

NankaiEarthquakes

いつ起きてもおかしくないとされている「南海トラフ地震」(東海・東南海・南海地震の総称)。被害想定によると、最悪のパターンでは32,000人の犠牲者が出るという。政府の地震調査委員会が算出した2013年1月から30年間の発生確率は、M8~9クラスの地震が60~70%となっているが、これはあくまでも確率論に基づく推定であり、具体的にいつ起きるかは不明だ。

NankaiEarthquakes.jpg
南海トラフ巨大地震の想定震源域 画像は「Wikipedia」より引用

しかし、筆者が過去の南海トラフ地震を独自に調査したところ、発生時期に“偏り”があることがわかった。さらに、昭和南海地震(1946年)の前兆現象を地元漁師などから収集した人物が、その結果を本にまとめている。時期的な偏りから導き出される発生時期を中期的予測として、さらに前兆現象を収集すれば、地震を予知することも可能になるかもしれない。今回は、その可能性を探ることにしたい。
■南海トラフ地震の発生時期には“偏り”がある!!

歴史上知られている過去の南海トラフ地震は十数回あるが、それらすべては7~2月に起きており(特に12月に集中)、3~6月の春先から初夏にかけては起きていない。今までのところ、その理由はまったくわからない。しかし筆者が、過去に南海トラフ以外の地域で起きた大地震について調べたところ、発生時期に偏りは見られず、各月にほぼ均等に起きているのだ。なぜか南海トラフ地震だけ、発生する月に偏りがあることになる。
■黒潮の大蛇行と関係が!?

NankaiEarthquakes_2.jpg
日本列島近海の海流(黒潮は1) 画像は「Wikipedia」より引用

なぜ南海トラフ地震のみ発生時期に偏りが見られるのか? その理由を探求する過程で、筆者は“黒潮“に注目した。日本列島の南岸に沿って流れる黒潮(別名:日本海流)は、時期によって紀伊半島・遠州灘沖で南へと大きく蛇行して流れることがあり、「黒潮の大蛇行」と呼ばれている。そこで、南海トラフ地震と「黒潮の大蛇行」に何らかの関連性が見られるかどうか調べたところ、なんと過去の南海トラフ地震は、すべて黒潮の直進期(大蛇行が起きない期間、非大蛇行期)に発生していたのだ。

さらにリサーチを進めると、筆者は科学者による同様の研究を見つけた。気象庁地震火山研究部の岡田正実氏による1978年の研究だ。1870年以降に起きた南海トラフ地震(M6.5以上)を調べた岡田氏は、地震の発生と潮流に関係があることに気づいた。そして、南海トラフの大地震は、黒潮の直進期に発生しやすいと結論づけたのだ。

「黒潮の大蛇行」は、いったん発生すると5年程度持続するという。ちなみに現在は直進期にあたり、その点を考えれば南海トラフ地震の発生に注意すべき期間ということになる。

■古老たちが語った数々の“前兆現象”

NankaiEarthquakes_3.jpg
南海地震は予知できる』(高知新聞社)

『南海地震は予知できる』(中村不二夫著、高知新聞社)という本がある。高知県で病院の送迎バス運転手として働く中村不二夫氏が、昭和南海地震(1946年)の経験者である古老たちから聞き取った内容をまとめて自費出版したものだ。科学者でもない一般人が、よくもここまでまとめたと感心する内容で、南海トラフ地震の前兆を探る上で非常に貴重な資料となっている。

終戦翌年の混乱のさなか、1946年12月21日午前4時19分に起きた昭和南海地震は、M8.0の巨大地震だ。9分間もの揺れが続いた後に、高さ4~5メートルの津波が発生したという。地震から10分もたたないうちに襲ってきた津波により、高知県・徳島県・和歌山県を中心に、1,330名の死者・行方不明者が出た。

中村氏が運転する病院送迎バスは海沿いを走るため、昭和南海地震を経験した元漁師たちがたくさん乗り込んでくる。彼らが話す巨大地震と津波の体験を貴重なものと確信した中村氏は、5年の歳月をかけ約150人から聞き取り調査を行った。そして得られた情報を整理してみたところ、さまざまな前兆現象が見られることがわかったのだ。その中でも特に重要なものが、以下の5つだ。

1. 異常干潮
地震前日の夕方から大きく潮が引いた。潮位の異常は数日前から起きていた。これは地殻変動による沿岸の地盤の隆起によるものと思われ、地震前夜の22時半頃に干潮はピークに達する。以降、水位はゆるやかに戻ったが、発震直後に再度急激な引潮が発生した後で津波に襲われた。

2. 井戸水が枯れた
高知市のある民家では、2~3日前から釣瓶(つるべ)で汲めないほど井戸が枯れた。地震発生の3時間ほど後には、逆に井戸水が満杯状態となった。

3. 海水汚濁
高知県宇佐町の沖合で操業していた約30隻のサバ漁船で、船の流れを安定させるための漁具にドロドロしたヘドロのような汚物が付着して、海藻が腐ったような異臭が立ちこめた。海底の地盤に陥没・亀裂が生じたために、地中から放出された可能性が高いと思われる。

4. 地震前の暖気
地震の数日前から、12月にしては異常に暑かったという証言が多い。これは宝永地震・安政南海地震の時の古文書にも見られる記述だという。

5. スルメイカの大漁
その年はスルメイカがよく獲れたという証言が多い。また、地震前日にはイカに限らず漁の収穫がなく、早めに引き上げたという人々も少なくなかった。

ほかにも、地震前夜に空が真っ赤に染まっていたり、直前に地鳴りを聞いたといった証言もある。また中村氏は、2013年10月に東北地方を訪ねて、地元の漁師たちから東日本大震災の前兆現象について聞き取りを行っている。その結果、イワシ・マグロ・毛ガニの大漁、磁気コンパスの乱れ、異常な潮の流れ、当日の高気温などの報告が集まった。

NankaiEarthquakes_4.jpg
南海トラフ地震(南海・東南海・東海地震)の震源域 画像は「Wikipedia」より引用

南海トラフ地震から身を守るために

さて、紹介してきたように南海トラフ地震(特に南海地震)については、以下の条件が揃う時にとりわけ注意が必要といえるだろう。

・7月から2月にかけて
・黒潮の直進期(大蛇行が起きない期間)
前兆と思しき異常な現象が見られた時

中村氏が収集した前兆現象は、特別な測定器などが不要であり、すべて人間が五感で把握できる「宏観異常現象」と呼ばれるものだ。南海トラフ地震による被害が想定されている地域にお住いの方々は特に、いつ起きるかわからないと諦めるのではなく、今回紹介した“発生時期の偏り”や“前兆現象”を念頭に、その時に備えていただきたい。

引用元:TOCANA

 

この記事を読んだひとは、こちらも読んでいます